1. TOP
  2. フランスの地下鉄を使いこなそう!métro(メトロ)の乗り方やチケットの種類・買い方について

フランスの地下鉄を使いこなそう!métro(メトロ)の乗り方やチケットの種類・買い方について

 2016/09/04 特集
この記事は約 8 分で読めます。 708 Views

パリにある地下鉄métro(メトロ)の駅はおよそ300駅!20もあるパリ市内のほぼ全域を網羅していて、朝から深夜まで運行。冬は暖かく、夏は涼しく、パリ市内を快適に移動できるこんな便利なモノを観光に使わない手はありませんよね!?

パリの地下鉄の乗り方やチケットの買い方、パリ観光に便利な地下鉄の便利な利用方法などをご紹介します!

パリの地下鉄métro(メトロ)に乗る前に

france_metro19パリの地下鉄métro(メトロ)は、日本とほぼ同じく5〜10分間隔で走っていて、朝5時30分から深夜1時まで運行しています。駅はおよそ300駅、路線は14沿線あり、乗り換え分岐駅だけでも70駅もある巨大な地下鉄網です。これだけの駅と分岐駅があるので地下鉄に乗ってしまえば、パリ中どこへでも地下鉄だけで行けてしまいます。

パリの地下鉄はとても綺麗で、昼間であれば女性一人でも乗れるのですが…と、いうか、私は一人で乗ってしまっていました。でも、安全面を考えると複数名で乗っていただきたいかな?と思います。ただし、パリを十字に切るように走る1号線と4号線の路線は、スリが多いことで有名な路線なので、乗車する際には十分に気をつけてくださいね。

チケットの種類と買い方

チケットの種類

france_metro23

種類 チケット トラベルパス
名称 billet
ビエ
(1回券)
Carnet Ticket
カルネ
(10枚綴り
回数券)
Mobilis
モビリス
Paris Visite
パリ・ヴィジット
Navigo Decouverte
ナヴィゴ・デクヴェルト
特徴 メロトとトラム、バスの共通券。バスとトラム間は90分間乗車可能。パリ郊外へ向かう急行鉄道(RER)とメトロ間であれば、改札をでない限り制限なしで乗り継ぎができます。10枚1組の回数券 carnet(カルネ)もあります。 複数の公共交通機関で共通して使用することができ、利用区間を選択して使用する1日乗り放題のパスです。利用区分の幅により料金は異なります。観光には、もっともコストパフォーマンスのいいチケットです。 利用期間を1〜5日間から選べ、市内から郊外までのすべての公共交通機関で利用可能な共通パス。発行するにはパスポートの提示が必要。 窓口で購入するICカード。1週間から1ヶ月までの定期をチャージできます。発行には証明写真が必要になり、定住者向けのチケットです。
料金 一律

1.8ユーロ

大人14.1ユーロ

子供7.05ユーロ

 7.0〜
17.3ユーロ
利用区間の幅により料金は異なります。
11.0〜

61.25ユーロ

利用日数により料金は異なります。

17.2ユーロ〜
オススメ度 観光には不向き

このほかにも、行き先の駅を指定して購入するパリ郊外用のチケッット Billets Région Île de France や、空港までのセットチケット Billets Aéroports 、週末限定割引チケット Ticket Jeune などがあります。

詳細はパリ観光HPへ(フランス語)http://www.ratp.fr/

チケットの買い方

france_metro24

チケットはオレンジの窓口( information )と 黄色または緑の窓口にある、券売機で購入することができます。パリの券売機はタッチパネル式の紙幣も使える新型も設置されていますが、紙幣の使えない旧式もフランス国内ではまだ使用されています。窓口でも券売機でも高額紙幣が使えない場合があるので、地下鉄を利用するときは小銭は必須です。

窓口でチケットを購入する時のひとことフランス語

チケットを1枚ください。
Un billet , s’il vous plait ? アン ビエ スィルヴプレ

回数券(カルネ)をください。
Un carnet , s’il vous plait ? アン カルネ スィルヴプレ

france_metro21

券売機での購入方法

【新式】
はじめに表示言語を選び、チケットの購入 or 定期券Navigoのチャージの画面からチケット購入を選択し、購入したいチケットの種類( 基本 Ticket )を選びます。料金を選択、大人 Plein Tarif 、子供(10歳以下) T.réduit,cartes de réduction,-10a のどちらかと、希望する枚数を選択します。購入確認画面で、チケットの内容や金額に間違いがなければ、決定ボタン Valider を押し、クレジットカード or 現金で支払い料金を支払うとチケットを購入することができます。最後に領収書 recu を発行するかを聞かれますが、特に必要がなければ何もしなくてOKです。

※補足 チケットを購入の際、作業を途中で中断したい場合は、タッチパネル下部にある赤× Tout annuler を、前の画面に戻りたい場合は黄色の矢印 Retour en arrière を押すと、前の画面に戻ることができます。

【旧式】
旧式の券売機では、トラベルパスの購入かチケットの購入かを、ローラーを回して選びグリーンの決定ボタンを押します《キャンセルは赤いボタンを押す》。表示言語も選ぶことができます。英語を選択すると、Single Journay tickets+Paris(一回券)と、book of ten tikets+Paris(回数券10枚)が表示されるので希望するチケットを選んで、数量を指定します。

料金は基本的に小銭で支払います。個人的には今まで一度も紙幣で支払った記憶がないです。

地下鉄の券売機で使用できるクレジットカードは、ヨーロッパ発行クレジットカードと、VISA、MasterCard が利用可能。機械操作や海外でのクレジット利用に不慣れな方も多いと思うので、基本的には現金利用の方が安心できると思います。

領収書は好みですが、記念に発行するのもいいかもしれませんね。

乗車の仕方とマナー

日本とは違うフランスの地下鉄のあれこれ

france_metro17
フランスの地下鉄の改札では、チケットを通すことはありません。チケットを持って、自動改札や回転式のレバーを押してホームへ向かいます。

地下鉄車両のドアは、自動式のものを手動(ボタンやレバー)式のふた通りがあり、最初のうちは戸惑うかもしれませんが、知っていれば心の準備はできると思うので、緊張しなくても大丈夫ですよ!それでも「やっぱり不安だな…」と思う方は、現地の人の後について、ちゃっかり乗車しちゃいましょう!

地下鉄でのマナー

france_metro03
エスカレータは左側通行。電車を降りるときに人混みをかき分けて降りるような場合には、無言で押し通ることはNGです。Pardon! パルドン」と声をかければ、フランスの人々はちゃんと道を空けてくれるので、「パルドン!パルドン!」と声を出して下車すると、気持ち良くすんなりと降りることができますよ。

メトロ沿線には観光施設がいっぱい

凱旋門

france_metro05
地下鉄 métro 1・2・6号線 Charles de Gaulle-Etoile (シャルル・ド・ゴール・エトワール)駅から徒歩1分

セーヌ川クルーズ バトー・ムッシュ

france_metro14
地下鉄 métro 9号線 Alma Marceau (アルマ・マルソー)駅から徒歩5分

シャンゼリゼ通り

france_metro07
地下鉄 métro 1号線 George V (ジョルジュ・サンク)駅から徒歩からすぐ

オペラ・ガルニエ

france_metro12
地下鉄 métro 3・7・8号線 Opéra (オペラ)駅 から徒歩1分

ルーヴル美術館

france_metro09
地下鉄 métro 1・7号線 Palais-Royal Musée du Louvre (バレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル) 駅から徒歩3分

ノートルダム大聖堂

france_metro06
地下鉄 métro 4号線 Cité (シテ)駅から徒歩3分

メトロならパリの観光情報集めがとっても簡単!

france_metro08
観光客の多いパリ市内では、市内の各所にたくさんの案内所が設置されています。有効に活用して、パリを隅々まで思う存分楽しみたいですね!

  • パリ観光局本局
    地下鉄 métro 7・14号線 Pyramides (ピラミッド)駅すぐにある、ガラス張りの開放的でおしゃれな観光案内施設です。日本語の観光案内やマップなどの資料が豊富に取り揃えられています。
  • リヨン駅
    地下鉄 métro 1・14号線 Gare de Lyon(ガール・ドゥ・リヨン)駅構内にある、観光案内施設です。観光スポットの問い合わせやホテルの手配、パンフレットの無料配布も行っています。
  • 北駅
    地下鉄 métro 4・5号線 Gare du Nord (ガール・デュ・ノール)駅構内にある、ガラス張りの建物が目印の観光案内施設です。リヨン駅と同様に、ホテル予約や無料のパンフレット配布を行っています。
  • ルーヴル美術館
    地下鉄 métro 1・7号線 Palais-Royal Musée du Louvre (バレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル) 駅から徒歩3分、ルーヴル美術館前にあるガラス張りのピラミッドの中にある観光案内施設です。イル・ド・フランス観光協会と共同のインフォメーションになっているので、地域に密着した幅広い観光情報の収集が可能。
  • モンマルトル
    地下鉄 métro 12号線 Abbesses (アベス) 駅から徒歩8分、テルトル広場の正面にある観光案内施設です。モンマルトルを中心としたパリの観光情報が充実しています。

フランスで地下鉄métroを制することができれば暑さ寒さとも無縁!便利で経済的な上に効率よく観光することができるます。まさに鬼に金棒です!さっそく地下鉄のマップを手に入れて、フランス観光へ出発しましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 冒険気分でディープなスポットを訪れたい!?そんな人にお薦め!南フランスの秘境10選!

  • これで初めてでも迷わない!?フランスの主要空港の実用情報を集めてみました!

  • いくら持っていく?フランスで使えるクレジットカードは?通貨と両替、ATMの使い方などフランスのお金について全てお答えします!

  • パリで生活するように泊まる?それとも高級ホテル?パリオススメの駅近ホテルとアパートメントをご紹介!!

  • 『カンヌって映画祭の街でしょ?』としか知らない人にこそ知って欲しい、カンヌの魅力とオススメ観光スポット15選!!

  • 気をつけよう!フランス旅行でトラブルに巻き込まれないための注意点と対策。