1. TOP
  2. 絵画の中の世界を冒険しよう!!多くの画家たちが愛した地!プロヴァンス地方の魅力あふれる観光地10選!

絵画の中の世界を冒険しよう!!多くの画家たちが愛した地!プロヴァンス地方の魅力あふれる観光地10選!

 2016/09/04 特集
この記事は約 7 分で読めます。 192 Views

”プロヴァンス”とは、ローヌ川からイタリアの国境までのフランスの南東部に位置する地方のことを指します。

地中海に面しているため、比較的1年中暖かい気候のプロヴァンス地方。そのため、この地域に別荘を持っている人も多く、夏になるとバカンスのために人口が一気に増えるのが特徴です。

プロヴァンス地方は、地中海、アルプス、ローヌ川という雄大な自然に囲まれ、美しい景色があちらこちらに広がります。それらに惹かれ、有名画家たちもこの地をよくキャンパスにおさめました。

ゆったりと時間が流れるこの地では、人々も寛容で、いつでも観光客を歓迎してます。そこで今回は、プロヴァンス地方の観光地を紹介します。

サント・ヴィクトワール山

サント・ヴィクトワール山

世界的に有名な画家セザンヌが描いたことで有名なこのサント・ヴィクトワール山は、エクス=アン=プロヴァンスの東に位置しています。標高は1011mとそこまで高くなく、頂上までの道のりにあるCroix de Provence(クロワ·ド·プロヴァンス)の十字架や山小屋であるLe Prieuré(小修道院)などの観光スポットを楽しみつつ、登山をすることができます。

セザンヌだけではなくルノワールにもよっても描かれたこの山は、芸術家にとっての楽園だけではなく、自然愛好家や登山家からも愛されています。

またこのサント・ヴィクトワール山のハイキングコースにはハーブの花が咲き乱れ大変美しいので、普段は登山をしない人もぜひトライしてみましょう!

セナンク修道院

ラベンダー

1148年に建設されたセナンク修道院は、ヴォークリューズ山地の峡谷に位置しています。そして、ル・トロネ修道院、シルヴァカンヌ修道院と合わせて、”プロヴァンスの三姉妹”と呼ばれることもあります。

この修道院の見どころは、なんといってもラベンダー畑!毎年夏になると、谷間にそってラベンダーの花が満開に咲き乱れ、辺り一面が紫色に染まります。絵葉書のように美しいその景色は、何時間見ていても飽きることはありません。

また、修道院に併設されているお店では、ここラベンダーで作られてたエッセンスや蜂蜜などをお土産として購入する事もできます。

ゴルド

ゴルド

フランスでもっとも美しい村のひとつと言われているゴルドは、ヴォクリューズ山地の南側にあります。

この村のシンボルといえば、何といってもシャトー城です。お城といいつつも、かわいらしい外観や細かい装飾などはなく、蜂蜜色の城壁は力強さと共にものさみしさすらを感じさせます。この独特な雰囲気のシャトー城と周囲の街の美しい景色を求めて、多くの芸術家や文化人が訪れた地でもあるのです。

シャトー城正面の広場ではマルシェも開かれ、地元名産のワインやポプリ、スカーフなどを購入することができます。蜂蜜色のスカーフはこの地方の特別な方法で染められており、お土産にはぴったりです。

アルル

ゴッホ

南仏らしく自然あふれる街アルルも、ゴルドと同様に多くの芸術家に愛されました。ローマ時代から続くこの古い街は、世界的に有名な画家ゴッホが気に入った土地であり、パリ滞在の後に芸術家仲間と共に移り住んだ街としても知られています。そして、かの有名な「ひまわり」をはじめ、「跳ね橋」や「カフェテラス」などの作品も、この地で描かれました。

またこの地には多くの建築遺産があります。円形闘技場やコンスタンティヌスの公衆浴場、ローマの城壁などあげるときりがなく、まるで町全体が美術館かのように建築遺産が町中に散っています。ゴッホがこの街に魅了された理由もよく理解できるでしょう!

アヴィニョン

アヴィニョン

プロヴァンス地方の中でも北に位置するアヴィニョンは、都会でありつつ、田舎らしいアットホームな雰囲気も持ち合わせる素敵な街です。

この街にはサン・ベネゼ橋、別名アヴィニョン橋と呼ばれる橋があります。これは有名な動揺「アヴィニョン橋の上で」にも登場し、世界遺産にも登録されています。かつてこの橋の長さ900メートルにも及び、22のアーチから成り立っていました。現在では多くの歴史の変化と共に縮小してしまいましたが、この橋のもつ存在感は健在です。

またこの街には合計13もの美術館があります。中でも有名なのはカルヴェ美術館でそのコレクションの多さからも、フランスの32美術館にも登録されています。

その他にも初期イタリア絵画のプティ・パレ美術館や、かつてのトリック法王の居住である法王庁宮殿など見どころはたくさんあります!

サンレミ・ドゥ・プロヴァンス

サンレミ・ドゥ・プロヴァンスは、アルルとアヴィニョンのちょうど中間に位置しています。

この街は特にマルシェでとても有名で、南フランスらしいカラフルな食器や雑貨が並んでいます。野菜や果物と共に彩られた街の様子は、ゴッホにも描かれたとして知られています。そして、ゴッホが療養していたとされるサン=ポール・ド・モゾル修道院もこの地の観光スポットとなっています。

半日もあればすべて観光し切れてしまうような小さな街ですが、小さな街だからこそ持つ温かみのある雰囲気はここならではです。

メルカントゥール国立公園

メルカントゥール国立公園

フランスにある7つの国立公園の1つがこのメルカントゥール国立公園です。地中海とアルプス、大陸性気候と3つの気候から影響を受けていることにより、この公園には多くの珍しい植物や動物が生息します。標高ごとに異なる生物に出会えるこの公園は、まさに大自然が作り出す動植物園!!自然保護地区に登録されているのも納得です。

その他にも6つの渓谷、湖、農耕民族の居住跡など訪れる人を飽きさせることなく、あたかも冒険に出たかのような気分にさせてくれます。また、岩に刻まれた彫刻の中には悪魔や魔女の存在を示唆するものもあり、冒険にミステリー要素も加えてくれます。

ヴェルドン峡谷

ヴェルドン峡谷

ヴェルドン川の両側は100m~200mにも及ぶ巨大な崖となっており、その規模の大きさからヴェルドン渓谷はグランドキャニオンに例えられることもあります。

石灰岩質が混じった水は普通の川のような透明度は全くなく、絵の具のような不思議な色をしています。まさに、神秘的な光景としか言いようがないでしょう。

このヴェルドン渓谷ではキャンプを楽しむ人も多く、周辺にはリゾートや休暇村などもあり、周辺都市であるマルセイユやニース、カンヌから車でのアクセスが可能です。都会の喧騒を離れ、ゆったりと大自然に浸ることで、リフレッシュできること間違いなしです!

ポルクロール島

ポルクロール

先進国フランスとは思えないほどゆったりとした場所、それがこのポルクロール島です。イエール市とよばれる場所の港から船で20分のところに位置し、わずか350人しか住んでいません。

そのため、人間の手つかずのままの状態で自然が残っているのです。島全体が自然保護地区に指定されており、交通手段は歩きか自転車がほとんど。まさに、ハイキングやサイクリングにぴったりなのです。

ハイキングコースはなんど51kmにもおよび、途中には岩場など足場の悪いところも多くあります。しかし、途中にはブドウ畑やオリーブ畑などの田舎らしい景色も広がり、ハイキングの疲れも忘れさせてくれます。ぜひ、本格的なトレッキングシューズ、帽子、サングラスと準備を万端にして臨みましょう!!

ロスチャイルド邸

ロスチャイルド邸

サンジャンカップフェラというモナコとニースの間に位置する町にあるのがこのロスチャイルド邸。ヨーロッパでも名の知れている大富豪、ロス・チャイルド家がかつて別荘として使っていた場所です。

この大邸宅の建設にはなんと7年もかかっており、その年数の多さが邸宅の巨大さを物語っています。また、この邸宅の庭園は有名建築家アロン・メシアー、ハロルド・ペト、アシル・デュシェーヌの3人が協力して手掛けたもので、日本庭園を含む9種類の庭園を設けているのです。

現在は美術館として一般公開がされています。ぜひその目で、このこだわりぬかれた大豪邸を感じてください!

最後に

いかがでしたでしょうか?ゴッホをはじめ多くの芸術家に愛されたプロヴァンスは、単に自然や建築物があるだけでなく、それがうまく調和して美しい景色を作り出しているのです。

プロヴァンスの町々を旅していると至る所に絵画の中の世界が見ることができるはずです。ぜひこの地域を訪れる際には、画集を旅の友にするといいでしょう。そうすると芸術家たちの足跡を追うことができます!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • フランス語がわからなくても大丈夫!これさえ言えれば、とっさのフランス旅行会話&旅行で使えるフランス語集

  • フランスの地下鉄を使いこなそう!métro(メトロ)の乗り方やチケットの種類・買い方について

  • 冒険気分でディープなスポットを訪れたい!?そんな人にお薦め!南フランスの秘境10選!

  • もうこれで迷わない!フランスでの季節別の服装からレストラン・ホテルのドレスコードについて、目からウロコな方法とは!?

  • 気をつけよう!フランス旅行でトラブルに巻き込まれないための注意点と対策。

  • 貴族気分を味わいたい!そんな人にお薦めの、まるで宮殿のようなフランスの高級ホテル16選!