1. TOP
  2. もうこれで迷わない!フランスでの季節別の服装からレストラン・ホテルのドレスコードについて、目からウロコな方法とは!?

もうこれで迷わない!フランスでの季節別の服装からレストラン・ホテルのドレスコードについて、目からウロコな方法とは!?

 2016/08/31 特集
この記事は約 6 分で読めます。 4,793 Views

旅行で気になるのがフランスでの服装です。なんとなく、フランスは涼しいようなイメージがあるけれど、実際のところフランスの9月は暑いの?寒いの?服装はどんなものを持っていけばいいの?いざ旅行の準備を始めてみると、本当にこれで大丈夫なのかと心配になったりしますよね?もう日程が決まっている方も、今から旅行に出かける方もぜひ参考にしていただければ光栄です。

フランスでの季節ごとの服装について

france_point19

フランスは北部のパリや内陸部のボルドー、南部のニースなど、地方によって気候や気温も変わりますが、基本的に今からご紹介する「パリの服装」を参考にストールやタイツを抜くなど、少しずつ軽装になるように準備していきます。

春の服装(3月~5月)

france_fashion10
【パリの服装】春のフランスの平均気温は4℃〜19℃。
ロングコートや厚手のジャケットに、セーター、ニット系のカットソー、ヒートテックインナー、カーディガン、パンツ、スカート、厚手のタイツ、レギンス、ジーンズ、ストールやマフラー、手袋、帽子、ブーツ、スニーカー、パンプス。中部のボルドーや南部のニースでは、ロングコートやセーターまでの必要はないものの、長袖とジャケットは必須です。

フランスでは、4月ごろまで肌寒い日が続きますが、春の気候は地中海性気候なので、日本の春に比べるとやや暖かい気候になっています。それでも、朝と夜には急に冷え込むこともあるので、コート類はフードのあるものを持っていると便利です。ニースなどの南部では雨の日も多いので、カッパなどの代わりに雨対策にもなります。

夏の服装(6月~8月)

france_fashion30
【パリの服装】夏のフランスの平均気温は13℃〜25℃。
スプリングコートや軽めのジャケット、カーディガン、シャツやタンクトップ、キャミソール、レギンス、ジーンズ、スカート、ショートまたは七分丈パンツ、スカート、薄手のストール、サンダル、スニーカー、パンプス。

フランスの夏はTシャツ一枚でも過ごせますが、雨が降ったり、肌寒い日もあるので、重ね着のできる持ち運びのしやすい軽いジャケットを用意すると便利です。

秋の服装(9月~10月)

france_fashion21
【パリの服装】秋のフランスの平均気温は10℃〜25℃。
コートまたはジャケット、カーディガン、半袖・長袖シャツやカットソー、タンクトップ、キャミソール、ヒートテックインナー、レギンス、ジーンズ、スカート、ショートまたは七分丈パンツ、タイツ、ストール、サンダル、スニーカー、パンプス、ブーツ。

朝晩は冷え込むので、長袖やジャケットが必要。10月に入ると一層寒さが増してくるので、厚手のコートを用意するか、マフラーなどの防寒や、重ね着ができるように準備しておくことをオススメします。

冬の服装(11月~2月)

france_fashion06
【パリの服装】冬のフランスの平均気温は2℃〜12℃。
厚手のロングコートやダウンコートに、セーター、ニット系のカットソー、ヒートテックインナー、カーディガン、パンツ、スカート、厚手のタイツ、レギンズ、ジーンズ、ストールやマフラー、手袋、帽子、ブーツ、スニーカー、パンプス。

フランスの道は石畳が多いため、足元から冷えてきます。厚手の靴下や靴の中に貼るカイロなど、足元の寒さ対策も大切です。南部のニースなどでも、セータやコートなど服装は防寒を意識したものにしていきたい時期。マフラーやブーツなどは必ず用意しましょう!!

レストラン・ホテルなどでのドレスコードは?

france_fashion18パリに行くと、たくさんの有名ランドショップやレストランがが立ち並んでいます。せっかくパリに来たのだから、有名ブランドショップの本店などにも行ってみたい!!

でも、そういった有名ブランドショップでは、外見がとても大切です。服装があまりにも店にふさわしくないと判断されてしまうと、入店を拒否されることもあるので注意したいところです。そんな、有名ブランドショップやレストランなど、へ行きたい時にも恥ずかしくない服装についてご紹介いたします。

三つ星などの高級レストラン

france_fashion27

三つ星などの高級レストランでは、ジャケット着用が必須です。男性はスーツ+ネクタイ、女性もワンピースやスーツにヒールのあるパンプス、パールやシルバーのアクセサリーと小さめのバック。煌びやかなドレスよりも上品な着こなしが好まれます。

有名ブランドショップなどのブティック

france_fashion28
男性は、ややカジュアルなスーツスタイル(ネクタイがなくてもOK!)。女性は、ジャケットにワンピースやスカートスタイル、スーツもOK。ヒールのあるパンプスやサンダルに、ストールやワンポイントアクセサリーに小さめのバックなど、個性を出しながらもシックな服装がポイント。

ホテルでの服装

france_fashion15
男性は、キレイめのジーンズやロングパンツに、カジュアルなTシャツやtタンクトップにジャケット、女性もキレイめのジーンズにシャツやキャミソール、ワンピースなどにカーディガンなどが無難です。いくら宿泊ホテルだからといって、穴の開いたダメージジーンズやカジュアルすぎるリュックなど、ホテルの雰囲気に不釣り合いな服装はいただけません。

ビストロなどのカジュアルなレストラン

france_fashion14ビストロなどのカジュアルなレストラン、カフェなどでは、ジーンズもOKですが、同じジーンズでも、ダメージ加工のしたものやブルージーンズなどは避けたほうが無難。スキニーなどのキレイめのモノがオススメです。

フランスで服装に悩まない裏技

無理に全部持って行こうとしない

france_fashion20
どんなに入念に準備をしていても、実際のフランスの気候や状況は、実際現地に行ってみないとわかりません。そして、スーツケースの容量にも限界があります。

本当に必要なものを整理して詰め込み、追加で必要なものは現地で調達する!!ショッピングを楽しみながら、フランスならではのおしゃれな洋服を探すなんて、考えただけでも楽しくないですか!?

日本にないデザインの洋服や小物を、今フランスで何が流行っているのか?街中で観察しながら、フランスにあった洋服のコーディネートができるので一石二鳥です!!

フランスの洋服サイズ

france_fashion03

フランス女性洋服と靴のサイズの見方
洋服 フランス 36 38 40 42 44 46 48
日本 7号 9号 11号 13号 15号 17号 19号
くつ フランス 34 35 36 37 38 39 40
日本 22 22.5 23 23.5 24 24.5 25

 

フランス男性洋服と靴のサイズの見方
洋服 フランス 38 40 42 44 46 48 50
日本 S M L LL
くつ フランス 40 41 42 43 44 45 46
日本 25 25.5 26 26.5 27 27.5 28

この方法だと、準備するのもとても楽チンです。さらに、フランスであれこれと見て回りながらショッピングできるので、すごく楽しいですよ!私はいつもこの方法で行きは軽々、帰りは重いスーツケースを持ち帰ってきます。思い切りフランスファッションを楽しんじゃいましょう!!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 気をつけよう!フランス旅行でトラブルに巻き込まれないための注意点と対策。

  • 【フランス旅行記】ルーブル美術館と優雅なセーヌ川のディナークルーズ。オプションが超オトク!

  • 『カンヌって映画祭の街でしょ?』としか知らない人にこそ知って欲しい、カンヌの魅力とオススメ観光スポット15選!!

  • パリで生活するように泊まる?それとも高級ホテル?パリオススメの駅近ホテルとアパートメントをご紹介!!

  • ツアーに参加はもったいない!?経由都市を楽しもう!パリからモンサンミッシェルへの行き方!

  • iPhoneは充電できるの!?フランスのコンセント事情と観光中にバッテリーが無くなってしまった時の対処法