1. TOP
  2. フランス観光には欠かせない!?グルメもショッピングも楽しめちゃうリヨンのおすすめスポット11選!

フランス観光には欠かせない!?グルメもショッピングも楽しめちゃうリヨンのおすすめスポット11選!

 2016/08/22 観光
この記事は約 6 分で読めます。 291 Views

フランス第2の都市であるリヨン。都市名はよく聞くけど、いったい何が有名なの?という人は多くいると思います。

リヨンの面積はパリの半分程度ですので2~3日あれば十分に観光することができます。そして、リヨンは別名“絹の街”、“美食の都”としても知られています。

今回はそんなリヨンのお薦め観光スポットを紹介します。

旧市街

リヨン旧市街

ヨーロッパの都市に行ったら必ず訪れたいのが旧市街!リヨンにも素敵な旧市街が存在し、石畳が広がるその町並みは世界遺産に登録をされています。

この旧市街には2本のメインストリートが存在します。そしてこの2つをつなぐ細い通りはトラブールと呼ばれ、かつて雨に濡れるのを避けつつシルクを運ぶために使われていました。

さらに旧市街の中はビストロや劇場、かわいい雑貨屋であふれており、タルトやブリオッシュはここの名物です。まさに欲張りな女性の心もお腹もいっぱいにしてくれるでしょう!

リヨン中央市場

リヨン市場
参照元:Lifestyle & Co.

“美食の都”と呼ばれるリヨンに訪れたら、必ず立ち寄りたいのがこのリヨン中央市場です。

一般的なこじんまりとした市場と違ってここの市場はとても豪勢!おしゃれな外観に、中には数多くの高級品が並んでいます。

チーズ、スパイスにソーセージと、フランスらしい食べ物が数多く並んでおり、お土産を買うにも最適な場所でしょう。

またここの牡蠣は大変新鮮で多くの観光客の下を唸らせています。

市場といってもあまりに早い時間に行くと閉まっているお店も多いので、お昼時を狙っていくのが確実。

しかしその分混雑も予想されるので、ある程度の待ち時間と人ごみの覚悟は必要です!

テロー広場

バルトルディの泉
参照元:地球の歩き方

旧市街の中でも最も多くの人があふれている広場です。

この広場にはリヨン市庁舎、リヨン美術館、オペラ座と多くの観光スポットが集まっています。そして、この広場の象徴ともいえるバルトルディの噴水が中央にあり、周辺には多くのカフェやレストランであふれています。

夜にはこの噴水がきれいにライトアップされ、とてもロマンチックな雰囲気になります。

バーやカジノ、ナイトクラブなどの大人の楽しめるスポットも多くあるので、旅行ならではの夜遊びを満喫することもできます。

路地裏には地元民に人気の隠れ家的レストランもあるので、そういったものを開拓するのも楽しいでしょう!

フルヴィエールの丘

フルヴィエール大聖堂
http://jp.france.fr/ja/discover/30159

この丘の上からは旧市街、新市街などリヨンの街並みを一望することができます。リヨンの街並みの象徴である赤い屋根、ローヌ川とソーヌ川が眼下に広がります。

割と勾配は急ですので、行きはケーブルカーを使用するといいでしょう。

ケーブルカーを降りると、そこにはフルヴィエール大聖堂、古代ローマ劇場の遺跡があります。この大聖堂は、当時のつくりとしては珍しく八角形をしており、まるでお城なような印象を与えます。

ローマ劇場

フルヴィエールの丘の頂上から少し下ったところにあるローマ劇場は、リヨンがかつてローマ帝国の支配下にあった時に建てられました。

紀元前に建てられたにもかかわらずあまりにきれいな様子で残っているので、驚かずにはいられない建物です。そしてフランスにいながらも、まるでローマに瞬間移動したかのような気分にさせられます。

現在でも多くのイベントが開催され、定期的にコンサートやオペラなどが行われています。2000年たっても変わらずに劇場として使われているなんて、まさに感動の一言です!!

テット・ドール公園

animals-1256368_960_720

家族旅行で訪れている人にお薦めしたいのが、このテット・ドール公園です。

この公園にはなんと動物園が併設されており、しかも無料で入場できるのです。中にはライオンやキリン、フラミンゴにシマウマなど多くの動物がおり、子どもが喜ぶこと間違いありません。

また、このテット・ドール公園のバラ園は世界的にも有名であり、春には多くの観光客が訪れます。

週末には地元の人がランニングやピクニック、日光浴に集まり、なんとも平和的な時間が流れています。

リヨン美術館

フランス国内だけでなくヨーロッパ全体の中でも最大規模の美術館として知られるリヨン美術館。

この美術館はなんと70もの展示室で構成されており、古代文明のみならず現代アートまですべての時代のアートを網羅しています。

日本でもなじみの深いピカソやモネの作品も展示されており、芸術に詳しくない人でも楽しむことができます。

また外には美しい庭園が広がり、そこでは彫刻の数々を見物することができます。

ベルクール広場

フランスで3番目に大きい広場がこのベルクール広場です。赤褐色の土が敷かれた地面はまるで赤い絨毯が広がっているようで、中世の王宮を彷彿とさせます。

中央にはルイ14世の像があり、観光客はこちらに気を取られがちですが、見逃してほしくないのが木の陰にひっそりと建つサンテグジュペリの像です。サンテグジュペリとは、”星の王子さま”の著者として有名で、このリヨンの地で生まれ育ちました。

周辺には大学もあり、地元の学生のたまり場ともなっています。

ミニチュア&映画装飾博物館

リヨンは美食、絹の街としてだけでなく、実は映画発祥の地でもあるのです。そんな街だからこそ造られたこのミニチュア&映画装飾博物館は、映画好きならば絶対に訪れたいスポットです!

ここでは有名映画に使われた小道具が300以上展示されており、まるで映画の世界に飛び込んだような気分になります。

そしてとても精巧な作りをしているミニチュアは、時間をわすれてまじまじと見てしまうくらい本物に近い出来になっています。そのミニチュアの数は100点にも及び、その中には日本のものも含まれています。

館内での写真撮影もOKですし、好きな人は本当に何時間でもいられる博物館です。

ギニョールの館劇場

dolls-1004403__180

映画だけではなく、子どもたちに大人気の人形劇の発祥地でもあるリヨン。ギニョールとはリヨン発祥の指人形を指し、古くから多くの地元民に愛されてきました。

この劇場では、そんな人形たちが多く展示されており、小芝居を楽しむこともできます。

ちょっと不気味な人形もありますが、リヨンのディープな観光スポットを訪れたいという人は、足を延ばしてみるといいでしょう。

TAKAO TAKANO

リヨン レストラン
参照元:http://www.takaotakano.com/

”美食の街”リヨンでお勧めなのがこのレストラン。日本人が経営しているミシュランで1つ星を獲得しているレストランです。

値段も良心的でリヨンの定番の臓物を使った料理やハチノスを楽しむことができます。ぜひワインと一緒に堪能しましょう!

フランスでは珍しく日本人スタッフもいるので、気軽に立ち寄ることができるお薦めレストランです!

最後に…

いかがでしたでしょうか。

さすがパリに続く第2の都市だけあって魅力的な場所がいっぱいですよね!いろいろな観光スポットが多方面にわたっていますので、ぜひ電車を使って効率よく観光しましょう!

そしてリヨンに行った際にはぜひ財布のひもを緩めて、120%満喫しましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【フランス旅行記】ルーブルだけじゃない!とっても魅力的なオルセー美術館

  • 【フランス旅行記】ノートルダム大聖堂で、パリの歴史を感じる1日を。

  • 歴史も自然もショッピングも全部楽しみたい!そんな欲張りさんにお薦めなマルセイユの観光スポット14選

  • 【フランス旅行記】フランスへ旅行に行くならここはおすすめ!私のベルサイユ宮殿の思い出

  • 【フランス旅行記】花の都パリの象徴的存在。凱旋門は登るべき!?

  • 中世にタイムスリップ!?フランス観光には欠かせないお薦めのお城10選!!