1. TOP
  2. 至る所に危険がいっぱい!?心配なのはテロだけじゃない!フランスの治安情報!!

至る所に危険がいっぱい!?心配なのはテロだけじゃない!フランスの治安情報!!

 2016/09/21 特集
この記事は約 7 分で読めます。 1,083 Views

花の都、そして流行の発信地として華やかなイメージがあるパリ。その一方で、パリはヨーロッパの中でも有数の治安の悪い地域でもあるのです。パリ市内では観光客を狙った犯罪は日常茶飯事。ただでさえ海外ではターゲットにされやすい日本人は、ちょっとでも油断をするとすぐに被害にあってしまいます。

そこで今回はせっかくの旅行を台無しにしないためにも、パリを中心にフランス内での犯罪の手口を紹介すると共に、テロ後のフランス国内の様子について紹介します。

フランスの治安・日本人被害状況

在フランス日本国大使館が発表した2015年の日本人の被害件数はなんと463件!!そのほとんどが強盗や窃盗などの被害です。犯罪グループは様々な手口を使ってくるため、それらの被害にあわないためにも、いくつか例を紹介します。

メトロ内でのスリ

%e3%83%a1%e3%83%88%e3%83%ad
混雑しているメトロの中ではスリが多発しています。

数人のグループで一人の観光客を囲み身動きを取れないようにして、バッグや金品を盗む手口が多発しているのです。また、男性数人で女性観光客を囲って、財布を出すように強要してくるという手段もあります。あまりの怖さにみんな黙って財布を差し出してしまうのです。

他にも上着が汚れているといって声をかけてきたり、小銭をわざとばらまいたりなどし、気を紛らわせているうちにバッグごと盗んでしまうという手口が非常に多いです。

タクシー乗車時の被害

%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%97%e3%83%bc
タクシーの中だからといって安心することはできません。渋滞でタクシーが停車をしているときなど、バイクなどで近づき、窓ガラスを割るのです。そして、観光客が驚いているうちにバッグを盗んでその場を立ち去ってしまうのです。

これは空港から市内への高速道路上でよくある犯行で、観光客は空港から目を付けられていることがほとんどです。この手口は被害者がけがをすることもあるので大変危険なのです。

歩行時の引ったくり

urban-438393_960_720
最も多い手口の一つがこの引ったくりです。観光客がショッピングなどで歩行している際に、後ろからバイクで近づいてきて、バッグを奪っていくのです。この手口ではバッグと共に体ごと引きずられてしまったケースもあり、負傷者も多く出ています。

クレジットカードに関する窃盗

credit-card-1591492_960_720
駅で切符の購入などをする際に気を付けなければいけないのが券売機です。切符を購入しようとしているときに近づいてきて、暗証番号を盗もうとするのです。

例えば券売機にあらかじめ仕掛けをして、一度入れたカードを出てこないようにします。そして、困っている観光客の元に近づいて、助けるふりをして暗証番号を入力させるのです。それでもカードは出てこないようになっているので、駅員を呼びに行かせている最中などにカードを取り出し、そのまま現金を下ろししてしまうという手口です。

また自分のクレジットカードが使えないといって、代わりに支払いをしてくれと頼んでくるケースもあります。この場合、先にチケット分を現金で手渡してくるので信頼しがちですが、これも暗証番号を盗むための手口なのです。

このようにクレジットカードを使っているときに誰かに話しかけられたら、どんなにいい人そうに見えても絶対に信用してはいけません。

睡眠薬を利用した犯罪

pills-347608_960_720

被害者に女性が多いのがこの睡眠薬を利用した犯罪です。街を歩いていると、男性が日本語を使って、市内を案内してくれると提案してきます。容姿のいい男性に惹かれて日本人の女性は喜んでお願いしてしまうのです。そして、少し観光した後に知らないうちに飲み物に睡眠薬を入れられ、眠っているうちに金目のものをすべて奪っていってしまうのです。

暴力事件につながることはほとんどないですが、なんの薬を飲まされるかわからないので、非常に恐ろしい手口です。

警察官になりすました手口

bodyworn-794105_960_720
一番観光客が信用しやすいのがこの手口です。警察官に扮した犯行グループが手荷物検査などといって、身分証などの提示を求めると共に、バッグの検査を行うのです。そして、グループの数人が気を引いているうちに、財布や金目のものを盗んでしまうのです。

こういう犯行グルームは、自分の身分証明書を提示して観光客の信頼を得ようとしてきますが、それらもすべて偽造品ですので、絶対に信用してはいけません。

ぼったくりバー

bar-1283638_960_720
パリのいたるところに存在するのがこのぼったくりバーです。わずかの飲食しかしていないにも関わらず、日本円にして10万以上の請求をされることがあります。言語がわからないことをいいことに、無理な金額を言い張り、払わないと警察を呼ぶなどと脅してくるのです。そして、フランス語がしゃべれない日本人はどうすることもなく、お金を払わざるしか得なくなってしまうのです。

パリの危険地区

map-1301054_960_720
なるべく被害にあうことを避けるには、あらかじめ訪問都市の危険地区を把握しておくことも重要です。

パリにおいては特にサクレクール寺院周辺の北部が危険とされています。この辺りには移民も多く、スリや引ったくりが多発しています。そのため、地元の人もほとんど近づかないエリアなのです。

その他、蚤(のみ)の市など人が密集して体と体が密着するエリアは盗難が多発しています。そうのような場所に行く際は、必ず自分の荷物は手でしっかりと握っているようにしましょう。

最後に、パリでは夜は出歩かないことをお勧めします。ちょっと近くのスーパーに行くだけでも夜の独り歩きは大変危険です。凱旋門やエッフェル塔のライトアップを見たい際などは、メトロなどを使って自分で行くのではなく、ツアーに参加するのが一番安全です。

被害にあわないためには

以上のような被害にあわないためには、自分自身で自分の身を守ることが重要です。最低限、以下のことは守るようにしょう。

  • 必要以上の現金は持ち歩かない。
  • 財布はポケットに入れない。
  • バッグはファスナー付きのものを利用する。
  • バッグは足元に置かない。
  • アクセサリーなどの金目のものはあまり身に付けない。
  • ブランド品は持ち歩かないようにする。
  • 人前で現金をあまり出さない。
  • クレジットカード使用時に人と話さない。
  • クレジットカードの暗証番号入力時は必ず周囲から見えないようにする。
  • 知らない人の話を信用しない。
  • ケガを防ぐために、強奪にあったら抵抗しない。
  • 夜は出歩かない。

海外に行くとついおしゃれをしがちになってしまいます。しかし、そうすると犯罪グループに狙われやすくなります。ですので高級品などは持ち歩かずに、普段着のような格好で観光をするのがベストなのです。

【関連記事】対策は万全?フランスでトラブルに巻き込まれないための注意点と対処法

テロ後の変化は?

現在は、テロ前とほぼ変わりなく出入国ができています。しかしすべての国境(道路、鉄道駅、港、空港)においては審査が厳重におこなわれており、手続きに多少時間を要すようになりました。ビザに関しても以前と変わりなく発行をしていますし、テロ以前に発行されたビザも有効なものとみなされています。

観光施設も通常通りに公開されていますし、イベントやコンサートなどが中止なるということもありません。その代りに警備体制は強化されており、フランス全土に警察および憲兵隊が配置されています。これは今後も増員予定であり、パリ市内でも5,000人以上の警官および憲兵での治安確保を目指しています。さらに、観光名所や公共交通機関においても監視が強化されており、テロ後にはパリ市内の警備員の数か3倍に増やされました。

今後のテロの可能性

soldier-733602_960_720
テロの可能性は十分にあると考えたうえで旅行をしたほうが良いでしょう。フランス政府はイスラム国への空爆を今後も継続させる予定ですし、イスラム国を支持する若者も多くパリにいるとされています。

フランス人は特に多宗教を信仰する人々に対して排他的な一面があります。また中東からの移民はフランス国内でもいい職に就くことができないため、フランスに対し不満を持っていることが多いのです。こういった背景を考慮すると、いつそういう人々がイスラム国に協力をしテロを計画するか先が読めない部分もあるのです。ですので、当面の間はフランスが安全であるとは容易に言えないのが現状です。

最後に

少し怯えさせてしまったでしょうか?

しかし、フランス、特にパリの治安は本当に悪く、これらが実態なのです。日本人は世界的にも平和ボケをしているといわれてしますので、海外旅行に行った際には日本とは違うということを肝に銘じて、しっかりと自分の身を守るようにしましょう。

【人気記事】格安旅行並みの価格なのにハイグレードホテルに泊まれる、夢のようなツアーとは?

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 4つ星、5つ星ホテルのツアーでこの値段はありえない!?ハイグレードな海外旅行に格安ツアー以下の価格で行く方法とは?

  • フランスではチップはどうしたらいいの?実はフランス人も悩んでいる、難しいフランスのチップ事情とは!?

  • iPhoneは充電できるの!?フランスのコンセント事情と観光中にバッテリーが無くなってしまった時の対処法

  • もうこれで迷わない!フランスでの季節別の服装からレストラン・ホテルのドレスコードについて、目からウロコな方法とは!?

  • 貴族気分を味わいたい!そんな人にお薦めの、まるで宮殿のようなフランスの高級ホテル16選!

  • フランスの地下鉄を使いこなそう!métro(メトロ)の乗り方やチケットの種類・買い方について