1. TOP
  2. 絶対買ったほうがいいものは何!?これでもう迷わない!購入必須のモンサンミッシェルのお土産8選!

絶対買ったほうがいいものは何!?これでもう迷わない!購入必須のモンサンミッシェルのお土産8選!

 2016/09/15 グルメ・ショッピング
この記事は約 7 分で読めます。 8,351 Views

モンサンミッシェルに行ったら、メインの修道院の観光だけではなく、そこだけでしか購入できないお土産もたくさん買って帰りたいですよね!

モンサンミッシェルには島に入るとすぐに参道が広がり、そこでは多くのお土産を購入することができます。そこで今回は、その中でも特におすすめのものを紹介します!

モンサンミッシェルのお土産:食べ物編

メールプラールのクッキー

cookies
http://www.biscuiterie-mere-poulard.com/produits/ja/73-nos-etuis-standard

まずは定番中の定番、メールプラールのクッキーです。これはフワフワオムレツで有名なメールプラールで作られた商品で、本場のモンサンミッシェルでは、他では手に入らない多くのフレーバーを扱っています。

バター味やチョコ味は世界中で定番ですが、その他にもモンサンミッシェル名産のキャラメル味や塩バター味なども購入することができます。また、クッキーの他にもバレットと呼ばれるパターをたっぷり使った厚くしっとりとした食感が特徴のものや、ガレットも購入することができます。

パッケージも通常の赤い箱のものだけではなく、缶に入ったものや、クリスマス、メール・プラール120周年を記念したデザインのものなど限定品も手に入るので、ぜひここに来た際には買って帰りましょう!

キャラメル

tradition_01_639
http://www.le-mont-saint-michel.com/en/activities

メールプラールのクッキーと同じくらい人気なのが、このモンサンミッシェルのキャラメルです。ノルマンディー地方でとれた牛乳やバターをたっぷり使って作られたキャラメルは、味がとっても濃厚でいつまでも口の中に風味が残ります。まさに、甘いもの好きの女子にはぴったりのお土産なのです!!

キャラメルの種類も塩キャラメルや塩バター風味キャラメルから、ペースト状のものまで多く取り扱っています。ぜひ、試食をしてみて、一番好きな味のものを買って帰りましょう!

パッケージもかわいい丸形のものからリボンで装飾されたビンのものまで、お土産には最適なものがたくさんあります!ぜひ、女友達のお土産にしましょう!ただ、このキャラメルは液体物になるので、飛行機に乗る際は必ず、機内持ち込みではなくスーツケースに入れて預けるようにしましょう!

ゲランドの塩

469
http://www.y-yachtstore.jp/lacucinafelice/products/list.php?category_id=469

ゲランドの塩とは、モンサンミッシェル周辺の海で取れる塩のことです。この塩は昔からの伝統的な方法で塩田から作られており、塩を花びらを摘むように丁寧に扱う様子から、別名”塩の花”とも呼ばれています。

このグランドの塩は普通の塩よりもざらざらしているのが特徴で、とてもまろやかな味をしています。使い方としては、塩本来の味がわかるようカルパッチョやステーキの下味に使うのがおすすめです。また、サラダに振って食べるのもいいでしょう。

普通の袋に入ったものから、かわいいビンに入ったものまでレパートリーも豊富です。本当は料理の隠し味として誰にも教えたくない品ですが…。ぜひ友達用だけではなく、自分用にも買って帰りましょう!

シードル

bottle-1308009_960_720

シードルとは、リンゴの果汁を絞り出し、それを自然発酵させて作った発泡酒です。

ブルターニュ地方では、昔からリンゴを生産する習慣がありました。地元の人にとってはとても身近な存在であり、古くからある家の庭には必ずと言っていいほどリンゴの木があります。

このシードルのアルコール度数は2~3%ととても低く、お酒が苦手な人でもジュース感覚で飲むことができます。また、添加物などは一切使っておらず100%リンゴから作られているので、さっぱりとした自然の味が楽しめるのです。

モンサンミッシェルではオムレツと一緒に飲むのが定番ですので、ぜひ日本帰国後もその組み合わせで思い出を振り返ってはいかがでしょうか?

カルバドス

calvados
http://regpep2016.univ-rouen.fr/site/page.php?page=welcome

シードルを蒸留して作ったのが、このカルバドスです。このカルバドスを名乗るためには厳しい決まりがあり、作られて2年以内の若いシードルから作られたものだけをカルバドスと呼ぶことができます。また、ブルターニュ地方で作られたものだけがカルバドスと呼ばれ、その他の地で作られたものはアップル・ブランデーと呼ばれます。

カルバドスは、アルコール度数40度と高く、口に入れた瞬間強い香りが広がります。熟成期間が短いものほど刺激が強く、時間が経てば経つほど味がまろやかになり深みが出ます。

カルバドスのビンはヨーロッパ風でとてもおしゃれなので、贈答品としてもよく選ばれます。高級志向の友だちにはぴったりのお土産でしょう!

モンサンミッシェルのお土産:雑貨編

キーホルダー

1
http://collections.vivastreet.com/timbres-cartes+agen-47000/porte-cle-souvenir-mont-saint-michel-en-metal-dore/71750003

食べ物ではなく、ずっと残るものがほしいという人におすすめなのがキーホルダーです。シルバーのキーホルダーには修道院や鐘が彫られており、モンサンミッシェルに行ったという記念になるお土産です。

また、毎年デザインも変わっているようで、それを集めているコレクターも多いようです。モンサンミッシェルに行った際には、その年の限定デザインを購入するようにしましょう。荷物にもならないので、バラマキ土産にするにもぴったりですね!

ボレー

ボレーとはシードルを飲むときに使う、お茶碗のような形をしたカップのことです。フランス内でもなかなか見かけることがないこのボレーですが、モンサンミッシェル内のレストランはシードルを提供する際は、必ずこのボレーを使用します。

シードルを買ったらこのボレーも一緒に購入して、日本でも本場の飲み方を再現したいですよね!モンサンミッシェルで売られているボレーは、デザインの種類も多くかわいいものばかりです。

シードルがなくなってしまったら、インテリアとして部屋に飾っておくこともおすすめです!

モンサンミッシェル・グッズ

上記の他にも、モンサンミッシェルのメイン通りGrande Rueには多くのお土産店が並びます。ぜひそこで、モンサンミッシェルグッズを買い占めましょう!

モンサンミッシェルが中に入ったスノードームに、モンサンミッシェル柄のタペストリーのクッション、写真セットなど数を上げたらきりがありません。

モンサンミッシェルのデザイン入りの商品をここまで扱っているお店は他にはありませんし、モンサンミッシェル限定のものも多くあります。ぜひ目ぼしいものはここで買うようにしましょう。

最後に

いかがでしたしょうか?

モンサンミッシェルは修道院やオムレツだけではなく、日本に大量に持ち帰りたくなるようなお土産の宝庫なのです!ですが、ツアーに参加すると意外とお土産選びの時間がないこともよくあります。ですので今回の記事を参考に、あらかじめ購入するものを決めておくといいですね!

モンサンミッシェルのお土産といえば、みんな喜んで受け取ってくれるはずです!ぜひ、大きめのバッグを持って行って、お土産をたくさん買って帰りましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 料理でここまで感動できるの!?一口食べればまさに至福の一時。フランスの有名シェフ10人とその代表レストラン!!

  • 【フランス旅行記】フランス・リヨンのグルメ1人旅。長期滞在するならココがオススメ!

  • 同じパンなのにどうして味が違うの!?それぞれのこだわりの味を楽しもう!パリのおすすめ、有名ブーランジェリー18選!

  • 思わずワインがすすむ!フランスとドイツが融合した食の宝庫!日本人が知らないアルザス地方の定番郷土料理12選!!

  • ふわふわで一瞬で消えちゃう?モンサンミッシェルの名物!プラ―ルおばさんの愛情あふれるオムレツ!!

  • 【フランス旅行記】フランス・パリでの女子2人旅 老舗カフェで食べたスイーツ、モンブランが絶品!