1. TOP
  2. ふわふわで一瞬で消えちゃう?モンサンミッシェルの名物!プラ―ルおばさんの愛情あふれるオムレツ!!

ふわふわで一瞬で消えちゃう?モンサンミッシェルの名物!プラ―ルおばさんの愛情あふれるオムレツ!!

 2016/09/13 グルメ・ショッピング
この記事は約 6 分で読めます。 1,387 Views

モンサンミッシェルといったらオムレツ!と誰でも口をそろえていうほど有名なフワフワオムレツ。日本のテレビ番組でもよく紹介されますし、ガイドブックにも必ず載っているモンサンミッシェルの人気グルメの一つですよね!

けど、いったいあのオムレツの何がそんなに特別なの?と思っている人も少なくないはず。そこで今回は、この記事を読んだら誰でもあのオムレツが食べてみたくなってしまうよう、魅力を全部紹介します。

オムレツのお店の詳細

photo-635399878148387519-1
http://www.merepoulard.com/

まず、あのフワフワオムレツを提供しているお店は、”ラ・メール・プラール”といいます。モンサンミッシェルに入ってすぐのお土産さんが並んでいる参道の右手に見えます。赤い看板とおばあさんのイラストが目印のかわいいお店です!

【店名】la mere poulard
【住所】18 Rue Louise Michel, F-50170 Mont Saint Miche
【電話番号】+(33) 2 33 89 68 68

オムレツの発祥はモンサンミッシェルへの巡礼者向けの食事

photo-635399863073925042-1
http://jp.merepoulard.com/

もともとこのラ・メール・プラールは、レストランではなく宿屋でした。ここを経営していたプラールおばさんが、宿泊している巡礼者に振舞ったのがこのフワフワオムレツだったのです。

ここに滞在する巡礼者は、長い距離を旅してきてみんなへとへと。そんな巡礼者たちに、プラ―ルおばさんは豪勢な食事をごちそうしたかったのです。しかし、周囲に何もないモンサンミッシェルでは、肉や野菜、魚など十分な食材を手に入れることができなかったのです。

そこで、島で手に入る卵だけでなんとか豪華なものを作ろうと思って考案したのが、このオムレツだったのです。中を泡立てて見た目を大きくすることで、少しでも豪華に見えるようにしようというのがプラ―ルおばさんの狙いでした。

口の中に入れるとすぐに溶けてなくなってしまうのですが、それでも精進料理しか食べられなかった巡礼者に喜んでもらおうと、優しさあふれる料理がこのオムレツなのです!

そんな優しいプラールおばさんは、料理の才能にも恵まれ、オムレツ以外にも700以上のレシピを作ったとも言われています。

オムレツを確実に食べるための予約方法

photo-635399863011212932-1

常に多くの観光客で賑わい、長蛇の列ができているラ・メール・プラール。時間を有効に使いたいのであれば、事前の予約は必須です!

予約はお店に入ってすぐにあるレセプションですることができます。予約時間と人数を伝えるだけで予約は完了です!モンサンミッシェルに丸一日滞在する場合などは、午前中に予約をして午後にゆっくり食事をする、という流れがいいかもしれませんね!

ただ、夏休みなどの繁忙期はツアー団体で満席で、予約ができない場合もあります。ですので確実を期すのであれば個人でいくよりもラ・メール・プラールでの食事付きツアーに参加したほうが待ち時間もなくいいですね。

メニュー

1472033754_085624600
http://la-mere-poulard-dynac.com/

ここではコースメニューで頼むのが一般的です。コースの値段はオードブル、メインディッシュのみだと39ユーロ、これにデザートが加わると45ユーロになります。また子供用のメニューとして、メインディッシュとデザートを15ユーロで提供しています。これらはすべてランチ限定のコースとなります。

オードブルにはサラダやパテの盛り合わせ、メインディッシュにシチューやオムレツ、デザートにはノルマンディー風ライスプディング、自家製アイスクリームやチョコレートソースなど、この他にも多くのメニューを取り揃えています。

オムレツの種類もシンプルなメール・プラー伝統のオムレツだけではなく、野菜入りメール・プラー伝統のオムレツ、ムール貝入りノルマンディー風メール・プラー伝統のオムレツ、ベーコンとジャガイモ入りメール・プラー伝統のオムレツなどいろいろ具材な入ったものが選べます。

店頭には日本語のメニューもあるので、好きなものを組み合わせてフランスらしくコース料理を楽しみましょう!

ちなみに、オムレツのみを注文する際は最低300gからなどの決まりがあり、予想以上の金額になってしまうことがよくあるようです。値段は時価になりますが、たいてい100グラム25ユーロと設定されていることが多いようです。そうすると、1人前75ユーロ、2人で150ユーロと、びっくりするような金額になってしまいますよね!!

ですのでオーダーをする際には、メニューの注意書きもよく読むようにして、お店との間に変な誤解が生じないようにしましょうね!

オムレツを実際に食べた感想は?

photo-635399863621798004-1
http://jp.merepoulard.com/255-

はっきり言うと、賛否両論です!このフワフワオムレツをおいしいといって食べる人もいれば、まずいという厳しい意見をいう人も言います。

まず、このオムレツを注文した人はその大きさにびっくり!大人の顔のよりも大きいこのオムレツはまず、目で楽しむことができます。しかし口の中に入れると一瞬でなくなってしまうこのオムレツは、日本人には味が薄い、値段の割においしくないという意見が多いようです。

ですが、ここのオムレツはそもそも少ない材料で、巡礼者を喜ばせるために作られたもの。ほとんど味がないことや、食べたときにボリュームがないのは当然といえば当然なのです。

ですので昔の人々が食べていたプラールおばさんのレシピを試したいという人はここのオムレツを高く評価しますし、おいしい料理を求めている観光客は厳しい評価をしてしまうのかもしれないですね!

どちらにせよモンサンミッシェルの名物です。せっかく訪れたのならどんなものか試してみるといいでしょう!どんなものであれ経験することも旅の醍醐味です!

日本の支店

%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ab
実はこのラ・メール・プラールは日本にも出店をしています。その第一号店が東京の東京国際フォーラムにオープンしたもの。外観はモンサンミッシェルの本店をまねて赤を基調としています。店内では本店さながらにオムレツを作っている様子も見ることができ、卵を軽やかにかき混ぜる音やバターの香りなどを楽しむことができます。

モンサンミッシェルの本店に行ったことがある人もない人も、モンサンミッシェルの本店に来たような気分を味わってみてはいかがでしょうか?

また、日本第一号店の東京国際フォーラム店にも横浜みなとみらい店や名古屋店もあるので、自宅に近い店舗にぜひ行ってみましょう!

基本情報
【店名】ラ・メール・プラール 東京店
【住所】東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム
【行き方】有楽町駅より徒歩1分
【営業時間】レストラン 11:00~23:00(22:00 ラストオーダー)
      カフェ 11:00~21:00(20:30 ラストオーダー)
【電話番号】03-5252-7171

最後に

ラ・メール・プラールのオムレツの魅力は十分に伝わったでしょうか?

モンサンミッシェルのオムレツとは味を楽しむというより、プラ―ルおばさんの愛情を感じたり、昔の巡礼者と同じシンプルなものをを楽しむのが醍醐味です。ぜひ、モンサンミッシェルに行った際には、ラ・メール・プラールに立ち寄って見ましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • もうお土産選びで悩まない!!センスがあると思われるフランス土産25選!!

  • 【フランス旅行記】フランス・リヨンのグルメ1人旅。長期滞在するならココがオススメ!

  • 【フランス旅行記】フランス・パリでの女子2人旅 老舗カフェで食べたスイーツ、モンブランが絶品!

  • SNSへの投稿は必須!!食べる前には写真撮影!味も見た目も大満足、女子必見の食べ物。フランススイーツ22選!

  • 絶対買ったほうがいいものは何!?これでもう迷わない!購入必須のモンサンミッシェルのお土産8選!

  • フランスで有名なものといえば高級ブティック!!限定品ゲットでパリジェンヌ気分を味わおう!!フランスの有名高級ブランド12選!!