1. TOP
  2. 定番なフランス旅行はもういらない!?パリのちょっとディープなナイトスポットの名所を教えちゃいます!!

定番なフランス旅行はもういらない!?パリのちょっとディープなナイトスポットの名所を教えちゃいます!!

 2016/09/12 特集
この記事は約 8 分で読めます。 885 Views

エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館…etc、一通りの観光はした!もう少しいつもとは違う違うフランスを知りたい!!もっとディープなフランスの楽しみ方はないのものか?

安心してください。フランスにはまだまだディープな楽しみ方がたくさんあります!

普通のツアーや観光客があまり行かないディープなスポット。その最たるものが「パリのナイトスポット」です。地元のパリっ子たちが楽しむ夜の名所をこっそりとご案内いたします!

夜の名所初級編 地元の人が集う小粋なバーとパブ

batch_france_deep18
古くからフランスやヨーポッパ諸国では、バーは情報交換の場として庶民たちの社交の場として愛されてきました。かつての文豪や芸術家たちが愛した老舗のパブから、ファションや流行にうるさいモード系のパリっ子たちが集うバーまで、フランスのバーとパブには深い歴史を持つものもたくさんあります。

さらに、フランスではバーと言っても侮るなかれ!フランスにあるバーはドリンクを楽しむだけでなく、料理も一級品なお店もたくさんあります。お腹に余裕があれば、ぜひともそのお店の自慢の一品をも堪能していただきたい絶品です!!

ハリーズ・バー

1911年創業のパリでも有名な老舗のパーです。元々マンハッタンにあったレストランを解体して、パリに移設したというこのお店は、アメリカの作家、ヘミングウェイ「誰がために鐘は鳴る」やフィリッツシャラルド「ベンジャ・ミンバトン数奇な人生」などのアメリカ人作家たちが通い詰めたお店です。

今では世界中で作られ、日本でも一般的に知られるようになったサイドカーやブラッデイ・マリー、ブルー・ラグーンなどのカクテルはこのお店から生まれました。

アンティークに囲まれた店内でジャズを聴きながら、ヘミングウェイたちが愛したお店で、シックで大人な夜を過ごしてみませんか?

ラ・ベル・オルスタンス

一見書店のようにも見える店構えなのですが、ここは歴としたバーです。壁にはたくさんの絵画が飾られていて、店内にある本を選びながらワインやコーヒーを楽しむことができる。まるでカフェとワインバーと書店が一つになったようなオシャレで不思議な空間です。地元の若いアーティストたちが集う憩いの場でもあります。

ル・バブ・サン・ジェルマン

1960年創業のイギリス調のパブです。総面積1200㎡もある店内は、インド・中国・イギリス・モロッコの4つの国をテーマにした創りになっています。こちらの料理もとても評判で、腕のいいシェフが豪快に腕をふるっています。

カフェ・エティエンヌ・マルセル

ディーゼルやカブキ、キリウォッチなどのファッションブランドが立ち並ぶ、エティエンヌ・マルセル通りにあるカフェバーです。

昼間はカフェとして営業していて、ファッションなどのモード系の人々で賑わい、夜はDJが音楽を流し、ダンスを楽しむオシャレなバーに変わります。セレブ御用達のハイソなバーです。

店舗詳細

batch_france_deep17

店名 営業時間 定休日 最寄り駅
ハリーズ・バー 12:00〜深夜4:00 無休 Opéra(オペラ)駅から徒歩1分
ラ・ベル・オルスタンス 15:00〜20:00 月曜日 Chemin Vert(シュマン・ヴェール)駅から徒歩3分
ル・バブ・サン・ジェルマン 11:30〜深夜5:00 無休 Odéon(オデオン)駅から徒歩1分
カフェ・エティエンヌ・マルセル 8:00~深夜2:00 無休 Etienne Marcel(エティエンヌ・マルセル)から徒歩5分

 

夜の名所中級編 本場のフランスでシャンソンを満喫

batch_france_deep14
パリは昔から音楽を愛する街として有名です。せっかくフランスへやってきたのだから、本場のシャンソンは聞いておきたいですよね。パリにはたくさんのシャンソニエ(シャンソンバー)やジャズバンドか演奏するライブハウスがあります。

軽快な音楽に身を委ねたり、多くの芸術家たちを魅了した、古き良き時代のフランスを彷彿させる歌声に酔いしれてみませんか?

オ・ラパン・アジル

モンマルトルの丘の中ほどにある老舗のシャンソニエです。古くはピカソが愛し通り通ったお店でもあります。店内は薄暗い洞窟ような雰囲気を持つ場所で、特別なステージなどはなく、客席と並んで演奏する隠れ家的なお店です。

登場する歌手たちの実力は一級品で、ワインを片手に静かに酔いしれるのもいいですが、さくらんぼ入りのオリジナル食前酒(アペリティフ)を味わいながら楽しむノスタルジックな世界も味わい深いですよ。

ル・デュック・デ・ロンバール

気軽な雰囲気でジャズが楽しめるライブハウスで、有名ミュージシャンも登場することがあるのでお得感があります。当日券はその場でも買えますが、フナックでも購入することが可能です。お店にはレストランも完備されているので、食事を楽しむこともできます。

オーベルジュ・ドゥ・ラ・ボンヌ・フランケット

ユトリロやロートレックなど、パリを代表する芸術家が足を運んだ歴史の長いシャンソニエです。シャンソンライブが始まるまでは、パントマイムなどが演目が披露され、22時30分を過ぎからシャンソンライブが始まります。ディナーコースもついて40ユーロ~と、その価格も魅力的です。

店舗詳細

batch_france_deep06

店名 営業時間 定休日 料金 最寄り駅
オ・ラパン・アジル 21:00〜2:00 月曜日 24ユーロ
(ドリンク付き)
Lamarck Caulaincourt(ラマルク・コランクール)から徒歩3分
ル・デュック・デ・ロンバール 20:00〜2:00 日曜日 22ユーロ〜
(演目によって異なる)
Chatelet(シャトレ)から徒歩5分
オーベルジュ・ドゥ・ラ・ボンヌ・フランケット 19:00〜22:00 無休
(冬季は月・火曜日定休)
ランチ30ユーロ〜
ディナー40ユーロ〜
(コースによって異なる)
Abbesses(アベス)から徒歩7分

 

夜の名所上級編 パリの華やかな夜を楽しむ!情熱キャバレー

france_deep10
ディナーを楽しみながらスペクタルなショーを満喫する華やかなキャバレーは、パリの夜の花形スポットです。美しく着飾った踊り子たちの姿にふは、男性ならずとも見惚れてしまいます。

ムーラン・ルージュ

創業は1889年、画家ロートレックの作品で世界的にも有名なった、赤い風車が目印のフレンチカンカンの本家のキャバレーです。モンマルトルの古き良き時代の賑わいを彷彿とさせるステージは必見です!

リド

老舗凱旋門付近のシャンゼリゼ通りに面した1946年創業の劇場です。洗練されたモダンなショーは評判で、ダンサーも美人ぞろいと人気を博しています。ダンスチーム「ブルーベル・ガールズ」ラインダンスは圧巻です!

クレイジー・ホース

1951年創業の高級キャバレーです。このキャバレーの舞台は、ヌードアートをテーマにした1時間40分の講演です。その独特な質の高い演出は、有名画家ダリや、ゲンズブールなども常連だったほど、現在もたくさんの観客を魅了しています。

ヴィラ・デスト

1930年創業のシャンソンやマジックなど、ダンスだけでなく多彩なエンターテイメントが楽しめる老舗のキャバレーです。ワイン付きのディナーも50ユーロ~と、価格もお手頃。有名シャンソン歌手のジャック・ブレル「Ne me quitte pas (行かないで)」もこのキャバレー出身です。

店舗詳細

batch_france_deep05

店名 講演時間 定休日 料金 最寄り駅
ムーラン・ルージュ ディナーショー
19:00〜
ドリンクショー
① 21:00〜
② 23:00〜
無休 ディナー
150ユーロ
ドリンク付
① 102ユーロ
② 92ユーロ
Blanche(ブランシュ)から徒歩1分
リド ディナーショー
19:00〜
ドリンクショー
21:30〜、23:30〜
無休 ディナー
140ユーロ〜
ドリンク付
90ユーロ〜
(演目によって事なる)
George V(ジョルジュ・サンク)から徒歩1分
クレイジー・ホース ショー
20:15〜、22:45〜
土曜日
19:00〜、21:30〜、23:45〜
無休 ドリンク付
100ユーロ
シャンパン付
120ユーロ
ディナー
170ユーロ
Alma Marceau(アルマ・マルゾー)から徒歩1分
ヴィラ・デスト ランチ
11:30〜
ディナー
20:00〜
ショー
21:45〜
無休 ドリンク付
16ユーロ
ランチ
20ユーロ
ディナー
50ユーロ〜
(コースによって異なる)
Charles de Gaulle Etoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)から徒歩3分

いかがでしたでしょうか?華やかなキャバレーに哀愁漂うシャンソン。文豪たちも愛した静かな大人なバーでのくつろぎの時間に、おしゃれなパリジャンたちが集まるパブ。

地元パリジャンたちが集まるナイトスポットはまだまだ目白押し!予想以上に刺激的なパリの夜に勇気を出して繰り出してみますか!?

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 至る所に危険がいっぱい!?心配なのはテロだけじゃない!フランスの治安情報!!

  • 修道院のふもと?それとも修道院を一望?あなたはどっちを選ぶ?モンサンミッシェル周辺のおすすめホテル10選!!

  • フランスの地下鉄を使いこなそう!métro(メトロ)の乗り方やチケットの種類・買い方について

  • 【フランス旅行記】ルーブル美術館と優雅なセーヌ川のディナークルーズ。オプションが超オトク!

  • フランス人が住みたい街ってどんな街?移住者増加中の情緒あふれる田舎街、ナントのお薦め観光スポット12選!

  • エッフェル塔は予約が必須!?エッフェル塔の魅力と効率よく観光する裏ワザを大紹介!