1. TOP
  2. 同じパンなのにどうして味が違うの!?それぞれのこだわりの味を楽しもう!パリのおすすめ、有名ブーランジェリー18選!

同じパンなのにどうして味が違うの!?それぞれのこだわりの味を楽しもう!パリのおすすめ、有名ブーランジェリー18選!

 2016/09/07 グルメ・ショッピング
この記事は約 14 分で読めます。 864 Views

ブーランジェリーとはフランス語でパン屋のこと。

誰もが知っている通りパリには多くのブーランジェリーがあり、世界にある有名店舗はほぼパリ発祥といっても過言ではないでしょう。そんなパリでは、毎年3〜5月に行われるバゲット・コンクールやフィガロ紙によりNO1パンの選出など、ランク付けされることが多くあり、それをきっかけにブーランジェリーはヒットし、世界に名を広げていくのです。

そこで今回は過去にコンクールなどでの受賞経験をもつブーランジェリーを中心にパリのおすすめ人気店を集めました!どこも絶品といわれるパンを提供してますので、パリへの旅行の前にチェックしてみてくださいね!

Du Pain et Des Idees(デュ・パン・エ・デ・ジデ)

1
http://dupainetdesidees.com/produits.html

サンマルタン運河の近くに位置するこのブーランジェリーのオーナーは、なんと元世界を飛び周る敏腕ビジネスマン!!そんな異質な経歴をもつオーナーが経営するこのブーランジェリーは過去に何度も最優秀ブーランジュリーに選ばれているほどの実力店です。

ここの一番の人気の秘密はその材料へのこだわりよう。パンプリィ産の良質バターにオーガニックの小麦粉、フランス国家基準のトラディション・フランセーズ粉と、どれも最高品質のものを使用。それだけではなく100年前の手法を忠実に再現したその製法は、手間がかかっているだけあって、機械では絶対に再現できない味に仕上がっています。

元ビジネスマンが作っているとは信じられないような昔ながらの優しい味と食感のパンは、どれを食べてもはずれなし!!行列にも並ぶ価値ありです!

Régis Colin(レジス・コラン)

Régis Colin
http://www.elle.co.jp/atable/hunter/12_0112

パリ2区にあるこのRégis Colinは、ちょっとお店は小さめで控えめな様子で立っています。しかし中に入ると数々のトロフィーが飾っており、有名店であることが一目でわかることでしょう。このお店はバゲット大賞グランプリをはじめ、多くの賞を受賞しており、今注目のブーランジェリーなのです!!

特にここのブーランジェリーで人気なのがクロワッサン。手でつかんだだけで崩れてしまいそうなこのクロワッサンは、まるで空気を食べているようなサクサク感。それでいてバターの風味は口の中いっぱいにしっかりと広がります。そんな風味豊かなクロワッサンにパリジェンヌたちは夢中なのです!

ジャムを付けたり、サンドイッチにしたりなど余計な味付けは邪道ともいえる、そんなクロワッサンなのです!

Le Grenier à Pain(ル・グルニエ・ア・パン)

89-400x400
http://legrenierapain.com/#!

フランス国内に20店舗以上、パリ市内周辺だけでも14店舗もある人気のブーランジェリーLe Grenier à Painは、2013年9月に日本の恵比寿でも店をオープンさせました。

ここのブーランジェリーは2010年のバゲットコンクールで優勝もしており、ツナやサーモンなど様々な具材が入ったサンドイッチは朝食にもランチにもぴったりです。行列は店の外まで伸びていることはしょっちゅうですが、列の進みは早くそこまで長くは待ちません。

パリ市内の店舗でもそれぞれ多少味が変わりますので、食べ比べてみるのも楽しいですよ!味の違いが分かれば、あなたもパリジェンヌの一員です!!

Le Quartier du Pain(ル・カルティエ・デュ・パン)

3
http://www.linternaute.com/paris/magazine/diaporama/06/meilleure-boulangerie/meilleures-boulangeries/5.shtml

パリに4店舗構える、こちらも有名店。オーナーのフレデリック氏はMOF(Meilleur Ouvrier de France)と呼ばれるパンのフランス最優秀職人賞も受賞している実力者なのです。

そして、ここのお薦めはパン・オ・ルヴァンと呼ばれる大きなドームのような形をしたパン。少し堅めのこのパンは、口の中に一気に酸味が広がってくるおかず系のパンです。フランスらしくテリーヌやフォワグラと一緒に食べると相性抜群です。

また、寒い冬の日にこのパンでスープの器を作って、クラムチャウダーなどを入れて食べると最高ですよ!

Boulangerie BO(ブーランジュリー・ボー)

BO1
http://www.parisjoho.fr/restaurant/patisserie/142bo.html

新しいブーランジュリーでありつつ、伝統的なパンを扱っているBoulangerie BO。ブリオッシュ・ナンテールやブリオッシュ・マドレーヌなど、昔からフランスで愛されている歴史あるパンが店内には並んでいます。そのため、お客さんの中には年配の方も多く、それは昔ながらの味が確実に再現されていることの何よりの証拠です!

またこのブーランジュリーでは、パンだけでなく多くのケーキも扱っています。ショーケースに並んだケーキたちはまるで宝石のようで思わず目移りしてしまいます。

おかず系パンからデザートまで何でもそろうこのブーランジュリー。ぜひここで、フランスの伝統の味を楽しみましょう!

POILANE(ポワラーヌ)

POILANE
http://www.thewanderingpalate.com/produce/best-bread-in-the-world-poilane-paris/

1932年創業のPOILANEは、パリのブーランジェリーの中でも老舗の一つ。パリでは知らない人はいないくらい地元に根付いており、田舎風のパンは古くからパリの人々に愛されています。

ここPOILANEで有名なのはミッシュと呼ばれる丸くて大きいパンやレーズン入りカンパーニュパンです。このカンパーニュパンにはフランスでも有名なゲランド産の塩を使っており、少し酸味のある風味が絶妙です。

今はやりのブーランジェリーのような派手な外観でこそないですが、だかそこそ温かみもあり、素朴な味がいつまでも印象に残る人気店なのです。

Vandermeersch(ヴァンデルメルシュ)

bandeau_viennoiserie
http://www.boulangerie-patisserie-vandermeersch.com/PBCPPlayer.asp?ID=502991

パリの中心から少し外れた8番線 Porte Doréeの近くにあるこのVandermeerschは、週末にのみ販売されるクグロフで大変有名です。クグロフとは、アーモンドとキルシュヴァッサーで風味づけされたブリオッシュのようなパンです。

ここのクグロフは、種類が豊富なうえに、良質な食材を惜しみなく使っているため、まさに絶品!朝一で行っても手に入らないことも多い大人気商品です。

ここのVandermeerschでは、パン以外にもガレットやエクレア、ミルフィーユなど、数々のコンクールで賞を受賞しているスイーツも多くあり、いろいろな味を楽しみことができます。動物などのデッサンが入ったパイなども売っており、遊び心のある品々は見ているだけでも楽しめます!

Frédéric Pichard(フレデリック・ピシャール)

Frédéric Pichard
http://www.parismatch.com/Vivre/Gastronomie/Frederic-Pichard-roi-de-l-Epiphanie-679028

いかにも地元のパン屋さんといった雰囲気の、活気あふれるブーランジュリー。お店の前でもテーブルを出してパンを販売しているこのFrédéric Pichardは、地元民があつまっておしゃべりを楽しむ場でもあります。

そして、地元民に愛されているのはそんなアットホームな雰囲気だけではなく、数々の賞を受賞しているパンたちです。バケット、クロワッサン共にグランプリの受賞経験があり、バターの味がしっかりし、食感も楽しめるここのパンには根強いファンも多くいます。

このFrédéric Pichardは、パンだけでなく多くのスイーツも扱っています。特に日曜になるとアントルメのケーキを求めて大行列ができます。そして、どんなに混雑をしている中でも、昔ながらの三角包装をしてくれるのがここの特徴。ここの店員さんの伝統芸ともいえる早業をぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?

Ble Sucre(ブレ・シュク)

1
http://parisbreakfasts.blogspot.sg/2009/10/ble-sucre.html

ここ、Ble Sucreは「プラザ・アテネ」「ホテル・ブリストル」などのフランスでも有数の高級ホテルパティシエとして経験を積んできたファブリス・ル・ブルダ氏がオープンしたお店です。さすがホテルでの経験者だけあって、彼の作るパンはリーズナブルなお値段に反して、高級感満載。贅沢な気分に浸ることができます。

中にはテーブルが並べられたスペースがあり、買ったばかりの焼き立てパンをイートインすることもできます。朝には仕事前のサラリーマンたちが朝食をとるために多く立ち寄っており、パリの日常を垣間見ることができます。

特にここのおすすめは、クロワッサンとパンオーショコラです。ちょっと甘めのここのパンはブラックコーヒーとの相性が抜群です!!

Arnaud Delmontel( アルノー・デルモンテル)

1236359132pte (1)
http://www.arnaud-delmontel.com/boulangerie.en.php

パリの北、モンマルトルの丘に向かう道の途中にあるArnaud Delmontel。ここはとにかくバケットがおいしいことで有名!!お店に入ると正面にはバケットのサンドイッチが何種類も並んでいます。誰もが認めるこの絶品パケットはサルコジ大統領も毎朝朝食に食べていたのだとか。

その他にもクロワッサンやケーキも絶品なのに加えて、日本人観光客からはマカロンが大変好評です。パケットの後のちょっとしたデザートにいかがでしょうか?

Au Duc de la Chapelle( オ・デュック・ドゥ・ラ・シャペル)

pains-au-duc-de-la-chapelle
http://www.havehalalwilltravel.com/

パリの中心地からは少し離れたクリニャンクールの蚤の市の近くに位置するAu Duc de la Chapelle。ここは石窯で焼いている香ばしい香りと食感のパンが高評価を受けています。

そして、ここのオーナーは24歳という若さで数々の賞を受賞しており、パン業界では天才といわれています。そんな彼の作るパンは、噛めば噛むほど味が出てきて、飲み込んでしまうのがもったいないくらいの味の深さです。

年齢が若いことからも、これからの活躍が注目されるAu Duc de la Chapelle。パリ通としてはチェックしておきたいブーランジェリーです!

Paul(ポール)

Paul
http://www.paul.fr/fr/nos-produits/75-sandwich-jambon-cru-fourme-d-ambert-aop.html

最近日本でもよく見かけるようになったPaul。食べたことがあるからいいや!と思ってスルーしがちですが、それは間違いです!なぜなら、本場のPaulは日本のものとはクオリティーが全然違うからです!

Paulはなんと19世紀の終りに創業された老舗中の老舗。4代目のフランシス・オルデール氏は、創業当時の使われていた小麦粉を栽培するだけでなく、製法までも細かく再現することで、昔ながらの味を生み出しました。その他のブーランジェリーのパンとは一味も二味も違う深い味わいがパリの人々に受け、今ではフランス国内だけでも400近い店舗をもつ大人気店となったのです。

特にここのおすすめはクロワッサン。一度本場の味を知ってしまったら、日本のPaulには行けなくなってしまうかも!?

Eric kayser(エリック カイザー)

エリック カイザー
http://maisonkayser.co.jp/product/

エリック カイザーとは、つまりメゾン・カイザーのことです。最近日本での店舗も増え、注目を集めていますよね!パリでは合計20ほどの店舗がありますが、5区に本店を構えています。

このエリック カイザーは、クロワッサンがフィガロ紙のパリNO1に選ばれたことで人気が爆発し、フランス中、世界中に名を広めるようになりました。日本のものよりバターの香りが強めの本場のクロワッサンは、まさに鼻から香りが抜けていくような感じで絶品です。

好きな具材をチョイスできるサンドイッチもここでは大人気です!

Dominique Saibron(ドミニク・サブロン)

SONY DSC
http://painrisien.com/

パリでももっとも有名なパン職人の一人、ドミニク・サブロン氏のブーランジェリーです。ここのパンはミシュランで3つ星を獲得するほどの高級レストランでも使われており、その高品質のパンはメインディッシュに引けを取りません。

そしてこのブーランジェリーには、イートインスペースがあるのですが、ここではレストランのようにサーブがされます。焼きたてのパンが次々とテーブルに運ばれ、アツアツふわふわの香り漂うパンを思い切りほおばることができます。また、イートインエリアから工房の様子が見られるのもここの人気の秘密です。

美味しいパンと共にワインも楽しむことができるので、他より1レベル上のブーランジェリーランチを楽しんではいかがでしょうか?

Moulin de la Vierge(ムーラン・ドゥ・ラ・ヴィエルジュ)

paresseuses
http://www.lavierge.com/eloge-de-la-paresseuse/

Moulin de la Viergeとはフランス語で”聖母マリアの風車小屋”という意味で、そんな高尚な名前が付けられら店舗の外装はそれにふさわしいシックなつくり。特に第一号店は、伝統的建築物として指定文化財に指定されているほどです。

ここの食事パンにはBIOの小麦粉が使われており、健康面にも気が使われています。その他にもデザート系のパンも充実しており、ついつい買いすぎてしまいます。

可愛い外装やスイーツまでそろったこのブーランジェリーは、子供にも大人気の地元に根付いたお店なのです!

Aux Delices du Palais(オー・デリス・デュ・パレ)

Meilleurebaguetteconcours
http://www.toutnestquelitresetratures.com/article-meilleure-baguette-de-paris-2014-c-est-antonio-teixeira-aux-delices-du-palais-dans-le-14e-122944242.html

パリ14区にある、親子経営のブーランジェリー。なんとこの親子、それぞれがパリのバゲットコンクールで優勝するほどの実力。パリに愛された父親の味が、そのまま息子へと引き継がれているのです。

Aux Delices du Palaisでは、バケットの種類も大変豊富で、優勝を勝ち取ったトラディッションを始め、パン・オ・フリュイ・セック、アンシエンヌなどドライフルーツなどを練り込んだものも味は劣りません。

イートインスペースも併設して作ってあるので、そこでゆっくり食べ比べてみるのもおすすめです!

Maison Landemaine(メゾン・ランドゥメンヌ)

222
http://erasmusu.com/en/erasmus-paris/cafe-cocktail-beer/maison-landemaine-oberkampf-3148

なんとここのブーランジェリーは日本人パン職人の石川芳美さんとフランス人パティシエのロドルフ・ランドゥメンヌ氏が2006年にオープンしたもの。

このブーランジェリーは、全く機械に頼らない手作りにこだわっており、自家製天然酵母を使用したハード系パンが人気を得ています。また、高級バターを使って作っているクロワッサンは2013年にはフィガロ紙によりパリで最も美味しいクロワッサン第3位に選ばれました。

さらに、日本の六本木一丁目にも出店するなど、最近注目のブーランジェリーです。ぜひパリで活躍する日本人の味を楽しんでみてはいかがでしょうか?

134 RDT

134 RDT
http://parisbymouth.com/

北マレ地区にあるブーランジェリー、134 RDTはその住所134 rue de Turenne の頭文字をとって付けられたもの。見た目は素朴な様子ですが、ここのクロワッサンはこれまでに何度も賞を受賞しており、毎年フィガロ紙でベスト3にも入っている実力派です。

そしてここの魅力は、オーナーのバンジャマン氏。以前はファイナンス関係の仕事をしていたのだとか。彼は多くの受賞歴を持ちつつも、決して賞の受賞に固執せず、地元の人に愛されるパンを作りたい、という一心で日々パンを作っているのです。

そんな愛情あふれるバンジャマン氏の作るパンは、優しい味だけでなく、そのユニークなアイディアから生まれる新商品の数々でパリの人々楽しませています。

最後に…

いかがでしたでしょうか?

何百もあるパリのブーランジェリーのなかでも今回は18店舗を厳選しました。たったこれだけでも同じ味のパンを出しているお店はないということがよく分かってもらえたと思います。どのパンにもそれぞれの職人の努力とこだわりがあり、何度でも食べたくなるような絶品ばかりです。

ぜひパリに行った際はいろいろなブーランジェリーを巡って、お気に入りの一店を見つけましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 思わずワインがすすむ!フランスとドイツが融合した食の宝庫!日本人が知らないアルザス地方の定番郷土料理12選!!

  • 【フランス旅行記】はじめてのフランス・パリ旅行。ピカソも行ったレストランでディナーを満喫!

  • ワイナリーを巡りたい時はどうすればいいの!?ワインの本場フランスの有名ワイナリーを巡る列車ツアーがおすすめ!

  • SNSへの投稿は必須!!食べる前には写真撮影!味も見た目も大満足、女子必見の食べ物。フランススイーツ22選!

  • フランスで有名なものといえば高級ブティック!!限定品ゲットでパリジェンヌ気分を味わおう!!フランスの有名高級ブランド12選!!

  • ふわふわで一瞬で消えちゃう?モンサンミッシェルの名物!プラ―ルおばさんの愛情あふれるオムレツ!!