1. TOP
  2. フランスで有名なものといえば高級ブティック!!限定品ゲットでパリジェンヌ気分を味わおう!!フランスの有名高級ブランド12選!!

フランスで有名なものといえば高級ブティック!!限定品ゲットでパリジェンヌ気分を味わおう!!フランスの有名高級ブランド12選!!

 2016/09/12 グルメ・ショッピング
この記事は約 12 分で読めます。 2,833 Views

フランスといえば高級ブティック巡り!ついつい財布の紐が緩くなる旅行中には普段は購入しないようなブランド物のバッグや時計、財布など有名なものを見てしまうと買ってしまいますよね!

特にフランスにはそういったブランドの本店があることが多く、日本よりも安く購入できたり、フランスでしか扱っていない商品に出会えたりなど、ブランド品を購入するにはぴったりなのです。

そこで今回は、フランスに行ったらぜひ購入したい有名フランスブランドを紹介します。

フランスの有名なもの、大手ブランド

Christian Dior

dior
1946年にクチュリエだったクリスチャン・ディオールが独立したことで創業したChristian Dior。デニム素材のバッグが爆発的にヒットしたことで世界的に人気ブランドとして定着したChristian Diorですが、最近では光沢のあるバッグが人気を集めています。

Christian Diorには、かつてイヴ・サンローランもデザイナーとして働いていたことがあり、現在ではイギリス人デザイナー、ジョン・ガリアーノがデザイナーを務めています。彼のデザインするタイトな男性用スーツが最近ではおしゃれ男性の定番として定着しています。

パリには合計8の店舗を構えており、本店のモンテーニュ店は高級インテリアで豪華な印象です。セール時には日本の半額程度の値段で購入することができます。その時期に旅行を合わせるのも賢い旅行の仕方ですよね!

【本店】Dior モンテーニュ店
【住所】30, avenue Montaigne 75008 Paris
【TEL】 01 40 73 73 73

HERMES

hermes
http://www.maisonhermes.jp/feature/12444/

エルメスといったらバーキン!と誰でもすぐに連想するほど、世界的に知名度のあるブランドです。バーキンとは女優の名前から来ており、その女優をはじめモナコ王妃も使用していたほどの人気で、その驚愕の値段にも関わらず現在でも女性のあこがれの的です。

馬のロゴがトレードマークのこのエルメス。実は1837年に馬具職人であったティエリ・エルメスが馬具工房を開いたのがきっかけだとか。皮製品を扱っているだけに、一つ一つの商品も多少違い、希少価値の高い商品が多いのもこのエルメスの特徴なのです。

お高めのバッグには少し手が伸びないという人は、スカーフはいかがでしょうか。パリにある2店舗では種類も豊富に取り扱っており、本店限定のデザインなども扱っています!

【本店】HERMES マドレーヌ店
【住所】24, fbg st Honore 75008 Paris
【TEL】01 40 17 47 17

Cartier

cartier

1847年に宝石、時計店として創業したCartier。当時から王室にも愛用されている高級ブランドです。創業当初は時計を中心に販売していましたが、最初に作られら女性用ジュエリーウォッチは、各国の要人たちも使用したといわれています。現在ではライター、キーホルダー、ライターなどまで幅広く取り扱っており、男性用のブランドとしても人気があります。

Cartierは、パリの15区にカルティエ現代美術財団を設立するなど、アーティストの支援活動にも積極的に取り組んでいるブランドとして知られています。もはやCartierは、単なる高級ブランドではないのです!

Cartierはパリ市内に7つの店舗を構えており、高級宝飾店が集まるヴァンドーム広場にも店を構えてます。また、本店は凱旋門の目の前という好立地で、美術館のような豪華な外観は数あるブティック店の中でもひときわ目立っています。

【本店】Cartier シャンゼリゼ店
【住所】13 Rue de la Paix 75002 Paris
【TEL】 0158182300

CELINE

celine
https://www.celine.com/fr/celine-boutiques/europe/france/paris

1945年に、セリーヌ・ヴィビアナが夫婦で子供靴店を創業したのがCELINEの始まりだといわれています。CELINEの商品は素材の上質さとおしゃれでありながらも機能性に抜かりがない点が人気を集めています。

CELINEでは、かの有名なマイケル・コースがデザイナーを務めていた時期もあり、現在ではフィービー・ファイロが務めています。彼女のデザインする少し大きめのトラベラーズバッグも人気を集め、映画「トーマス・クラウン・アフェアー」で衣装に起用されたことをきっかけに、従来のクラシックなイメージだけではなくモダンなイメージも定着しつつあります。

本店ではバッグのほかに、靴やアクセサリーなど日本では扱いのない商品も置いてあるので、シャンゼリゼ通りに行った際はぜひ立ち寄りましょう。

【本店】CELINE モンテーニュ店
【住所】53, Avenue Montaigne, 75008 Paris
【TEL】 33 1 40 70 07 03

Yves Saint-Laurent

ysl
http://www
.fondation-pb-ysl.net/en/Exhibitions-196.html

上でも紹介したChristian Diorでデザイナーとして働いていたイブサンローラン。1962年に独立をし、自身のブランドを立ち上げました。創業当時はオートクチュールのみの扱いでしたが、現在ではコスメや日用品まで幅広く取り扱っています。日本でも贈答品として使うこともよくありますよね!

イブサンローランの死後はサンローランがブランドを引き継ぎ、1961年には、新たにオートクチュールブランドを設立、1966年にはイヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュを設立しました。そして、最近ではメンズブランドとして世界中の男性から支持を受けています。

現在はリヴ・ゴーシュを中心に展開をしており、パリ市内に3つの店舗があります。おしゃれな男性はぜひ本店に行って最新のデザインをチェックしましょう。Yves Saint-Laurentの万年筆などを使っていると、女性からの見る目も変わりますよ!!

【本店】YSL サン・シュルピス店
【住所】6, place Saint Sulpice 75006 Paris
【TEL】 01 43 29 43 00

Christian Louboutin

christian-louboutin
http://www.paris-paris-paris.com/paris_landmarks/shops/christian_louboutin

1992年創業のまだ新しいブランドですが、おしゃれな女性からは大注目のブランドです。ハイヒールを主に扱っているのですが、“レッドソール”と呼ばれる全体を赤く塗った靴は、靴マニアの女性を虜にし、その靴を手に入れるためならどんな大金でも費やすといわれています。

近年では多くのハリウッドスターが愛用していることもあり、ますます人気を上げています。安くても一足十万程度するChristian Louboutinですが、それでも多くの女性がこのハイセンスな靴を求めて、どの店舗も常に混雑状態です。

10㎝以上もあるヒールは女性が優雅に見せてくれます。ぜひパリに行った際には普段のご褒美として購入し、Christian Louboutinの靴を履いて、シャンゼリゼ通りのショッピングや高級レストランでの食事を楽しむのはいかがでしょうか?

【本店】グルネル通り店
【住所】38/40 Rue de Grenelle, Paris 75007
【TEL】 33 1 42 36 05 31

Chloe

chloe

フランスブランドの中でも比較的手ごろな値段で手に入るのがChloeです。1952年に洋服店として創業したChloeは、現在ではSee By Chloeという姉妹ブランドも展開し、ターゲットを若年層にまで広げています。2002年には、”パディントン”と呼ばれるハンドバッグが世界中から人気を集め、日本でも知名度を上げるきっかけとなりました。

フェミニンな柄に、ヌーディーカラーがかわいいChloeは、一つ持っているだけでコーディネート全体が華やかになります。ぜひ、財布や香水など複数のグッズを持ち合わせるのもいいでしょう。

パリ内ではモンテーニュ通りにあるクロエ本店をはじめ、ギャラリー・ラファイエット、プランタンなどの高級デパート内にも多く出店しています。気軽にはいれる店舗ですので、今まであまり興味がなかった人も覗いてみてはいかがでしょうか?

【本店】Chloé モンテーニュ店
【住所】44, avenue Montaigne 75008 Paris
【TEL】 01 47 23 00 08

Louis Vuitton

louis-vuitton

1854年に創業のLouis Vuittonは、現在日本で最も人気のブランドといっても過言ではないでしょう。Louis Vuittonのロゴの入ったモノグラムの革製品はいつも時代も人気が衰えることはなく、最近では世界中とのクリエーターとのコラボレーションで、全く新しい柄の商品を発表するなど、常に目が離せません。

また、Louis Vuittonの注目すべき点は、起用されているモデルの数々です。有名モデルをはじめ、マドンナやジェニファー・ロペスなのど人気歌手も広告に使用しており、常に人々の注目の的です。歴史あるブランドありながらも数あるフランスブランドの中でも最先端を行っているといえるでしょう。

Louis Vuitton本店は、シャンゼリゼ通りに大きく店を構え、世界一広い店舗となっています。ここには日本人スタッフもいるので、限定品やおすすめ商品などゆっくり聞きながら購入することができます。ただし混雑のため入場制限がかかることもあるので、午前中の早い時間などに行くのがお勧めです!ここでしか買えない限定カラーなどを購入すると、日本に帰ってから注目の的ですよ!

【本店】LOUIS VUITTON シャンゼリゼ本店
【住所】101, avenue des Champs-Elysees 75008 Paris
【TEL】 01 53 57 52 00

CHANEL

chanel

現在ではCHANELの名で知られていますが、1910年にココ・シャネルが創業した帽子専門店シャネル・モードが前身です。ココ・シャネルは当時コルセットが主流であった窮屈な女性のファッションを逸脱し、洋服にジャージ素材を使い始めました。この彼女の発想が女性のファッションを変える大きなきっかけとなり、その活躍は伝記や映画になるほどでした。また、マリリン・モンローが愛用していた世界的人気商品”シャネルの5番”も生み出しているなど、常に世界に大きな影響を与え続けているのがCHANELなのです。

黒を中心としたシックなデザインのCHANEL、他の高級ブランドよりもワンランク上のブランドとして多くの大人の女性から人気を集めています。しかし、最近モデルに起用したエマ・ワトソンの影響もあり、ターゲットを若年層にまで広げつつあります。

パリ市内には合計8の店舗があります。言うまでもなく本店は連日大混雑ですが、ここでは通常の店舗で使われる紙袋とは違ったデザインのものが使われているので、それを持っているだけで本店にいった証拠になります。ですので、どうせ買うなら空いている時間を狙って本店に行きましょう!

【本店】CHANEL カンボン店
【住所】31, Rue Cambon, 75001 Paris
【TEL】 01 44 50 66 00

GIVENCHY

showcase_givenchy_1
http://www.morcoblinds.co.uk/morco_showcase_givenchy.html

日本ではまだまだ知名度が低めのGIVENCHYですが、ボーイッシュなかっこいいファッション目指す女性には必見のブランドです。

1952年にユベール・ド・ジバンシーによって設立されたGIVENCHYは、そのハイセンスなデザインからすぐに数々の映画の衣装に起用されました。「ティファニーで朝食を」「パリの恋人」「サブリナ」などの有名作品の中でオードリー・ヘプバーンの着ている衣装のほとんどはこのGIVENCHYのものです。そして、これらの映画をおしゃれ映画として仕立てたのが、まさにGIVENCHY なのです。

GIVENCHYで務めていたデザインーにはアレクサンダー・マックイーンもおり、GIVENCHYを有名ブランドにするのに大きく貢献しました。

パリ市内に合計5店舗あり、メンズ、アクセサリーも扱うフラッグショップもオープンさせています。日本ではまだまだ店舗が少ないので、ぜひ本場パリで購入して帰りましょう!

【本店】GIVENCHY サントノレ店
【住所】28, rue Faubourg st Honoré 75008 Paris
【TEL】 01 42 68 31 00

Longchamp

boutique_avignon

1948年にジャン・キャスグランによって設立されたブランドです。当初は喫煙具の製造会社でしたが、19554にからは革製品も扱うようになり、1988年にパリ市内にも店舗を出店したことをきっかけに有名ブランドブランドとしての知名度を上げ始めました。

カラフルなデザインと手ごろな値段で購入できるこのブランドは、若い女性からの支持を得ています。最近ではケイト・モスをモデルに起用したことでも話題になっており、若者たちの話題の中心であり続けています。

パリに行った際には、ぜひエッフェル塔のロゴが入ったバックを購入しましょう!!

【本店】Longchamp サントノレ本店
【住所】404, Rue St Honore, 75001 Paris, France
【TEL】 01 43160016

A.P.C

apc-store-by-laurent-deroo-paris-03
http://retaildesignblog.net/

1987年にジャン・トゥイトゥが設立したブラントです。このA.P.Cという名前は、”アトリエ・ド・プロデュクション・エ・ド・クレアシオン(生産と創造のアトリエ)”の頭文字からとっており、アーペーセーと発音します。

このブランドは上記に紹介してきた高級ブランドとは少し変わって、少しカジュアル目の男性用ブランドです。シンプルなデザインなのにどこかおしゃれ、という大人の男性にぴったりのデザインが人気を集めています。

また、男性向けということで機能性にも優れており、ちょっと贅沢な普段着として好んで着ている男性も多くいます。普段は買い物嫌いな男性もここに行けば、楽しくショッピングができるかもしれません!

【本店】A.P.Cマレ店
【住所】112, rue Vieille du Temple 75003 Paris
【TEL】 01 42 78 18 02

最後に

いかがでしたでしょうか?

フランス生まれの高級ブランドはこんなにもたくさんあるのです!それぞれについてよく調べてみると、ブランドのはじまりが意外な姿であったりと、驚くこともありますよね!

本店に行くとそのお店の歴史やいかに世界中で人気なのか、という威厳を感じることができます。そして本店ならではのデザイン、カラーのものも手に入れることができますし、新作の販売開始時期も日本よりずっと早いです!

ぜひ、パリに行った際はそれぞれの本店に立ち寄り雰囲気を味わってみましょう!そして記念に1つ、自分へのご褒美を買ってみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 思わずワインがすすむ!フランスとドイツが融合した食の宝庫!日本人が知らないアルザス地方の定番郷土料理12選!!

  • もうお土産選びで悩まない!!センスがあると思われるフランス土産25選!!

  • 料理でここまで感動できるの!?一口食べればまさに至福の一時。フランスの有名シェフ10人とその代表レストラン!!

  • こんなワイン飲んだことない!!世界有数のワインの生産地。フランスボルドーの5大シャトーの魅力を大紹介!!

  • 【フランス旅行記】フランス・リヨンのグルメ1人旅。長期滞在するならココがオススメ!

  • 同じパンなのにどうして味が違うの!?それぞれのこだわりの味を楽しもう!パリのおすすめ、有名ブーランジェリー18選!