1. TOP
  2. 冒険気分でディープなスポットを訪れたい!?そんな人にお薦め!南フランスの秘境10選!

冒険気分でディープなスポットを訪れたい!?そんな人にお薦め!南フランスの秘境10選!

 2016/09/06 特集
この記事は約 8 分で読めます。 198 Views

フランスの主要観光スポットはもう飽きた?そんな人が次に訪れるべきところは、秘境と呼ばれる日本人の多くが知らないディープなスポットです!

先進国で観光立国のフランスは、都心ばかりに観光客が集まりがちですが、実は他にも魅力的なマイナースポットがたくさんあるんです!

そこで今回は、ちょっぴり冒険好きなあなたに向けて、フランス南部の秘境と呼ばれるスポットを10か所紹介します!

オークルの道

オークルの道

プロヴァンス地方で秘境と呼ばれるのが、フランスでもっとも美しい町の一つに選ばれているルシヨンです。ルシヨンとはヴォクリューズ県にある人口が1500人にも満たない小さな村ですが、蜂蜜色に染まった村を一目見ようと多くの観光客が訪れる場所でもあります。

そして、その村のはずれにあるのがこのオークルの道なのです。オークルとは黄土のことで、ピンク、黄色、オレンジのグラデーションが広がったその道はまさに絶景!かわいらしい村から一気に、グランドキャニオンのような大自然の世界に飛び込んだような気持ちになります。

そしてとくに美しいのは夕暮れ時です。天然素材のここの土は夕日に照らされると黄金色のようになり、幻想的な雰囲気を作り出します。大自然の美しさに思わず時間が止まったかのような感覚に陥るはずです。

ガヴァルニー圏谷

ガヴァルニー圏谷

南フランス、まさにスペインとの国境に位置するガヴァルニー圏谷(けんこく)は、氷河が10万年にも渡って山を削ったことで作られたといわれています。作家のV・ユーゴーが”自然の大劇場”と称したほどのこの渓谷は誰が見ても大自然が作り出した芸術としか言いようがありません。

周辺には3000m級の山々や413mの高さを誇るガヴァルニーの滝など、迫力ある景色が多く広がります。まさに大自然の凄まじさを全身で感じることができるのです。

このガヴァルニー圏谷のハイキングのスタート地点はガヴァルニー村です。ここからは貸馬や貸ロバ屋さんもあり、乗馬トレッキングも楽しむことができます。ぜひ数日間ここに滞在しアクティビティを楽しむとともに、大自然のマイナスイオンをたっぷりと吸収しましょう!

鷲の巣村

エズ村

フランス南部のコート・ダジュール地方には、100以上にも及ぶ鷲の巣村と呼ばれる小さな村がいたるところに存在します。この村々は崖や岩山などの高い位置に作られ、その様子が鷹の巣作りに似ていることからその通称が付けられました。

村の中はまるで迷路のような作りになっています。それは、かつて要塞村であったこともあり敵の侵入、攻撃から逃げるためであったのです。村を囲む城壁がその歴史を表していることでしょう。

数ある鷹の巣村の中でも、特にエズ村がもっとも有名で、他にもグルドン、サンポール・ド・ヴァンスなど、今では観光地化している素敵な村がたくさんあります。村ごとに違った景色が楽しめるので、複数訪れてみるといいでしょう!

ラ・サント・ボーム洞窟

madonna-1396270_960_720

ラ・サント・ボームとはプロヴァンス地方にある石灰岩からなる白い山の名前です。標高1147mのこの山の絶壁部分には石灰岩の浸食によってできた洞窟があり、それがラ・サント・ボーム洞窟と呼ばれるものです。

ここの洞窟には聖女マグダラのマリアが30年もの時間を過ごしたという伝説があり、神秘の洞窟としても知られているのです。聖女マグダラのマリアとはイエスの処刑・復活に立ち会った女性使徒の一人で、その後の迫害によりこの洞窟に逃げ瞑想を続けたとされています。

洞窟の中には数々のマリアの像が建てられており、洞窟の湿った空気と薄暗さでものさみしい雰囲気を感じます。この洞窟までの険しい道のりや周辺の断崖絶壁など、まさに秘境といえる神秘的なスポットです。

カマルグ湿原地帯

カマルグ

フランスのサバンナとでもいうべきでしょうか?フランス南部に位置するカマルグ湿原地帯は、ヨーロッパでも有数の自然の聖地といわれています。

生物圏保護区としてユネスコにも登録をされているカマルグ湿原地帯には、野生の白馬やフラミンゴが生息し、大自然を目の当たりにすることができます。そしてバードウォッチングや釣り、ジープツアーなど、この地ならではのアクティビティも楽しむことができるのです。

また、このカマルグでとれる塩はフランスの3大塩の一つに指定されています。料理に少し加えるだけで驚くくらい味に深みが出る、多くの美食家をも唸らせる塩です。ここに来たらぜひお土産として購入していきましょう。

エーグ・モルト

死んだ水

エーグ・モルトとは、カマルグ湿原地帯のほど近くに位置している城壁に囲まれた街です。エーグ・モルトとは”死んだ水”という意味を持っており、聞いただけで不気味なイメージを持ってしまいますよね!

かつてこの町は十字軍が遠征に使っていた華やかな港町でした。しかし、その数年後に土砂が堆積してしまい港としての機能がすべて破壊されてしまったのです。このような悲しい歴史から、”死んだ水”という名称がつけられたのです。

そして、この地を今回秘境として取り上げた理由はこの街がもつ海面がピンク色の海です。そのピンクの正体はなんと小エビ!このミジンコのようなアルテミアと呼ばれる小エビは1億年前から現在の姿のまま生き残っている、まさに”生きた化石”なんです!アルテミアが大繁殖した際には海は真っピンクに染まり少し気味の悪い雰囲気すら感じさせます。

ショーヴェ洞窟

南フランスアルデッシュ県にある約8500㎡にも及ぶショーヴェ洞窟では、現存する人類最古の絵画ともいわれる壁画が存在します。その数は何と1000点を超え、3万年前以上から描かれて来たとされています。ショーヴェ洞窟とは、発見者の一人である洞穴学者ジャン=マリー・ショーヴェからとられています。

壁画にはマンモスやサイ、バイソンなどの動物が中心に描かれており、人類と動物の関わりを紐解くきっかけになっただけでなく、その絵画表現の豊かさから非常に高い価値のある壁画として評価されています。

しかし、このような洞窟壁画は外気に触れるとすぐに浸食がすすみ絵画の傷みの原因となります。そのため、このショーヴェ洞窟も現在は非公開とされています。しかし、近くにある復元センターでレプリカが展示されているので、それで旧石器時代の芸術作品を見学するといいでしょう!

ムスティエ・サント・マリー

ムスティエ・サント・マリー

ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンス地方にあるヴェルドン渓谷の近くにある小さな村です。わずか700人しか住んでいなこの小さな村は5世紀頃から人々が住み始めたといわれており、現在ではフランスでもっとも美しい村の一つに選ばれています。

この村の奥にある断崖と断崖の間には1つの金色の星がつりさげられています。これはかつての十字軍の騎士が「無事故郷に戻れたら、聖母マリアのために村のふたつの断崖を鎖でつないで星を吊るす」と誓い、帰還した証としてこの星を吊るしたのです。1000年近くたつ今でもその星は当時のまま残っており、村の紋章として親しまれています。

また、この村でとれる土は非常に良質で、13世紀頃から現在まで陶器の生産に使われています。質のいい陶器はムスティエ焼きと名付けられ、マリー・アントワネットにも愛されたとされたこの村の名物土産になっています。

コルス島

コルス島

日本のガイドブックには載っていない地中海に浮かぶ島、コルス島。この島は地中海最後の楽園とも言われ、皇帝ナポレオンが生まれた地であり、世界遺産スカンドラ自然保護区でもあります。

この島の南側にはボニファシオと呼ばれる港町があり、敵の侵入を防ぐために断崖絶壁を作ったといわれています。そして、その断崖絶壁には階段や洞窟があり、そこからは地中海の青い海を臨むことができるのです。スリルと絶景を同時に味わえるスポットとして人気を集めています。

また、このコルス島を走る鉄道も大変有名です。渓谷の間を走るこの鉄道は車窓からダイナミックな景色が見れ、大自然の壮大さを感じます。まさにテレビでよく見るような細い線路を勢いよく進む様子は、冒険そのものです!

ロカマドゥール

ロカマドゥール

世界遺産にも登録をされているフランス南西部の小さな村、それがロカマドゥールです。アルズー渓谷の絶壁にそって作られたこの村はキリスト教の巡礼地にもなっています。1100年代に隠遁者の遺体が全くの腐敗をしていない状態で発見されたことから奇跡の地とされ、代々のフランス国王もこの地を訪れるようになりました。

村にある216段もの階段を登ったとことには聖堂と6つの礼拝堂があり、いかにここが宗教的な地として重要視されているかが見て取れます。特にノートル・ダム礼拝堂には、木彫りの「黒い聖母像」や村の船乗りたちが海難にあってマリアに助けを求めると鳴り響くという「奇蹟の鐘」があります。

最後に…

以上、南フランスの秘境を10か所紹介しました!

あれ?フランスにもこんなところがあったの?というところがたくさんあったと思います!ショッピングやグルメだけでなく、このような大自然に触れられるのもフランスの魅力ですね!

そんな秘境を巡ってみたくなってみた人は、ぜひ今すぐにパックパックを背負って、南フランス秘境の旅を計画しましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 何月に旅行すればいいの?フランスの気候と特徴から見た、フランス各地の観光におすすめのシーズンは!?

  • フランスの地下鉄を使いこなそう!métro(メトロ)の乗り方やチケットの種類・買い方について

  • こんな絶景見たことない!!写真では伝わらない魅力が満載!フランスの世界遺産15選!

  • 世界遺産?グルメ?どの都市に行けば楽しめる!?フランス観光・目的別オススメ都市ベスト5!!

  • お城好き集まれ!!ヨーロッパで古城を巡るならロワールがオススメ!!ロワールが誇る美しい古城20選

  • いくら持っていく?フランスで使えるクレジットカードは?通貨と両替、ATMの使い方などフランスのお金について全てお答えします!