1. TOP
  2. フランスではチップはどうしたらいいの?実はフランス人も悩んでいる、難しいフランスのチップ事情とは!?

フランスではチップはどうしたらいいの?実はフランス人も悩んでいる、難しいフランスのチップ事情とは!?

 2016/09/05 特集
この記事は約 5 分で読めます。 7,622 Views

フランス語で「チップ」は「pourboire プゥボワール」と言います。フランスに限らず世界では「サービスは有料」が常識ですが、サービスが無料の環境に育った日本人にはチップ制度は未知の世界。

フランスで失礼がないようにしなきゃと、少し身構えてしまっている人も少ないくないでしょうね。でも、大丈夫ですよ!実は今、現地のフランス人たちもチップについては頭を抱えている問題だったりするんです。それはなぜかというと…

変わりつつあるフランスのチップ事情

france_chip07働き手の生活を守る意味合いもあり「いいサービスにはそれだけの報酬を」「素晴らしいもてなしに感謝の気持ちを」という形で生まれたのが「チップ」という制度です。

しかし最近では、フランスでもホテルやレストラン、カフェの会計は「サービス料込み」で請求されることが一般的になり、フランスの雇用給与体系も変わり、どんな業種であっても、しっかりとした生活の保証された給与が支払われるように変化してきました。つまり「チップ」分はすでに料金に含まれているので、直接ギャルソン(ウェイター)にチップを払わなくてもいいということになるのですが…

「いいサービスにはそれだけの報酬を」「素晴らしいもてなしに感謝の気持ちを」という解釈でいうと、サービスする側の生活や給与云々ではなく、その仕事の成果に対して支払う報酬となるとサービス料込みの料金であっても「チップを支払うべきだ!」という人もいて、意見が分かれているのが今のフランスの現状なんです。

現地のフランス人が困るくらいですから、観光客の日本人に判断がつくわけがありません!なのであまり深刻に考える必要はありません。多少のことは大目に見てね!と、気楽に参りましょう。

どんな時にどのくらいのチップを払えばいいの?

france_chip02

何か特別な用事を頼んだり、重い荷物を運ぶのを手伝ってもらえたり、サービスをしてくれた人が親切だったり、そんな場面で「Merci メルシー」と声を添えて「感謝の気持ち」で手渡すか、カフェなどではテーブルに置くようにして渡します。例えば…

タクシー

france_point13

重たいスーツケースなどをトランクに積む際に、親切に手伝ってくれた場合には、その場で手渡すか、料金の支払いの際に一緒に渡しましょう!相場は荷物一つあたり1ユーロくらい。お釣りをそのまま受け取ってもらうのもありです。

ホテル

france_chip05

星5つ以上のラグジュアリーホテルではそれなりの金額と頻度でチップが必要にはなりますが、一般的なホテルでは基本的にサービス料が含まれているので、さほどチップを渡すことは少ないかもしれません。

ポーターに荷物を部屋まで届けてもらったような場合にはその時に、また日本への帰りに荷物をタクシーに積み込んでもらったらその後にチップを手渡します。相場は荷物一つあたり2ユーロくらい。

ベットメイキングにしても最近はあまりチップを置くことはないことが多いです。もし、気持ちでチップを置きたい場合にはメモを添えて1ユーロくらいと一緒にベッドサイドに置いておくと親切ですね。

レストラン

france_chip06

レストランのチップも、そのレストランのランクによって大きく違ってきます。星のつくようなレストランの場合には硬貨ではなく、お札のチップをテーブルに置くことになります。

一般的なレストランでのチップの相場は5〜10ユーロ。おおよそ食事料金の10%〜15%くらいが目安です。すでにサービス料が含まれている場合は、食事料金の5%くらいを別にチップとして置くこともあります。

カフェ

france_chip04

カフェなどでお茶をした場合のチップは、0.2〜0.5ユーロ程度。コーヒーなどの支払いで出たお釣りをそのまま置いていったりするのが一般的です。

チップの相場と目安のまとめ

ここまでに書いてきたケース別のチップの相場をまとめてみました。困った時はここだけざっと見てチップを払う時の参考にしてみてください。

  • タクシー
    荷物一つあたり1ユーロくらいを手渡す
     
  • ホテル
    ポーター 荷物一つあたり2ユーロくらいを手渡す
    ベッドメイキング 1〜2ユーロくらいをメモを添えてベッドサイドに置く
     
  • レストラン
    食事料金の10%〜15%くらいを支払いと一緒に支払う
     
  • カフェ
    0.2〜0.5ユーロ程度または、もらったお釣りをテーブルに置く

 
基本としては、料金にサービス料が入っていれば特別に渡さければないらないわけではありませんが、気持ちのいいサービスを受けた時には「チップ」を渡すと次に出会った時のサービスや友好具合もやっぱり違いは出ますので、心遣い程度に渡せればいいかなと思います。

普段持ち歩く目安としては10〜15ユーロ程度をポケットに入れていれば丁度いいくらいです。しかし、観光客だとなおざりな態度を取っておきながらチップをせびるような輩にはあげる必要はありません!爽やかにスルーして差し上げましょう!!

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行のことならフランスツアーズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行のことならフランスツアーズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 定番なフランス旅行はもういらない!?パリのちょっとディープなナイトスポットの名所を教えちゃいます!!

  • 『カンヌって映画祭の街でしょ?』としか知らない人にこそ知って欲しい、カンヌの魅力とオススメ観光スポット15選!!

  • 至る所に危険がいっぱい!?心配なのはテロだけじゃない!フランスの治安情報!!

  • 各フランス美術館の名画を一覧でご紹介します!フランスの有名絵画オススメ18選!!

  • 【フランス旅行記】せっかく行ったパリの旅行で大失敗しないための必須チェック項目とは?

  • お城好き集まれ!!ヨーロッパで古城を巡るならロワールがオススメ!!ロワールが誇る美しい古城20選